【運動不足・腰痛・便秘】マタニティヨガで妊婦さんの悩みをスッキリ解決!

【運動不足・腰痛・便秘】マタニティヨガで妊婦さんの悩みをスッキリ解決!

2015年06月16日
  • 妊婦さんが抱える

     

    ・運動不足
    ・腰痛
    ・脚のむくみ
    ・便秘

     

    といった多くの悩み。実は、これらは全てマタニティヨガで解決できるのです。

    マタニティヨガとは、妊婦さんでも無理なく続けられるために激しい動きを一切省いたヨガのこと。

    今回は、マタニティヨガが多くの妊婦さんに選ばれている理由とおすすめポーズをご紹介します。

マタニティヨガは産婦人科医もおすすめ!

  • 6c75da7e1623700cd93c51f7a391c3a8_m

    マタニティヨガが妊婦さんの間で人気なのは、以下の理由が挙げられます。

     

    1. マタニティヨガは妊娠中の適度な運動にピッタリ!

    「体を動かしたいけれども、激しい運動はちょっと…」とお悩みの妊婦さんも多いはず。

    スイミングに通ったり、ウォーキングを取り入れたりするのも良いですが、マタニティヨガのポイントは自宅で、しかも1人でできること。

    忙しい家事の合間をぬって、適度に汗をかくことができますよ。

     

    2. マタニティヨガを続けると出産時に必要な呼吸法を身に付けられる

    ヨガで最も大事なのは、実はポーズではなく呼吸法です。ヨガで行う深呼吸には、副交感神経に働きかけて心身をリラックスさせる効果があります。

    自分の動きに合わせて、ゆっくり落ち着いて呼吸を行う訓練を積むことは、出産時に落ち着いて深呼吸をするためのカギとなります。

    これらの理由から、マタニティヨガは多くの産婦人科医院でも取り入れられているんです!

腰痛・むくみ・便秘に効果あり!マタニティヨガのおすすめポーズ

  • そんなマタニティヨガのおすすめポーズを効果別に紹介します。

    ・腰痛に効果あり!猫のポーズ

    image05
    (出典:All About
    image04
    (出典:All About
    1. 四つんばいの状態で、息を吸いながら天井を見上げ、背中を反らせます。
    2. 息を吐きながら、今度は顔を両腕の中に入れ込み背中を丸めます。その際、おへそを見つめるようにしましょう。
    3. 四つんばいに戻り、1,2を数回繰り返します。

    ・脚のむくみに効果あり!壁に両脚を上げるポーズ

    legs up the wall2_sq
    (出典:簡単!おうちヨガ
    1. 上半身が壁に対して垂直になるように横たわり、両脚を上げて壁につけます(お腹が大きくなると脚を上げるのも大変なので、無理は禁物。お尻はつけなくても大丈夫です)。
    2. 首と肩の力を抜き、5~10分ほどゆっくりと呼吸を続けます。手は好きな位置に置いてください。
    3. つま先を上半身側に倒すと、より気持ちいい姿勢になります。

    ・便秘に効果あり!割座のポーズ

    2014212162526
    2014212164627
    (出典:babyco
    1. 正座し、両脚を外側にずらして脚と脚の間にお尻を沈めます。足のつま先が外に開かないように注意しましょう。
    2. 息を吐きながら、ひじで上体を支えつつ後ろに倒れます。膝が浮かないように注意しましょう。
    *そのまま倒れるのがつらい人は、背後にクッションを敷いて、その上に倒れるようにしましょう。
    3. 手のひらを上に向けて両腕を広げます。肩甲骨を内側に寄せながら呼吸を続けます。気持ちよければ、体に負担をかけない程度にたっぷり時間をかけても問題ありません。

まとめ

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!