健康美人の常識!疲れも冷えも対策できる「しょうがパウダー」を持ち歩こう

健康美人の常識!疲れも冷えも対策できる「しょうがパウダー」を持ち歩こう

2015年05月20日
  • 春の気持ちよいお天気が続いたかと思ったら、突然暑くなったり……あっという間に、夏が来てしまいそうです。

    実は、夏こそ「冷え」に注意したい季節。長時間冷房の効いた部屋にいたり、冷たい飲み物や食べ物を食べたりすることが多くなる季節なのです。

    気温が高く、体の冷えを実感にしくい季節だからこそ、知らず知らずのうちに代謝を悪くしてしまっている恐れがあります。

    でも、暑い季節に温かい飲み物を飲んだり、カイロで冷えをとったり……なんて、なかなかできそうにはありません。

    そこで、お手製の「しょうがパウダー」を持ち歩いてみませんか?今回は手間いらずで簡単な、しょうがパウダーの作り方を紹介します。

乾燥しょうがにはいいことがいっぱい

  • しょうがパウダー

    冷え性改善のために、しょうがを普段から意識して摂っている!という人も多いはず。でも、生のしょうがと乾燥したしょうがでは、それぞれ効果が違うということをご存知でしょうか?

    生のしょうがには、ジンゲロールという成分がたくさん含まれています。実は、このジンゲロールには体温を下げる働きがあるのです。そのため、風邪のひきはじめや発熱時にはおすすめですが、冷え性がひどい人は摂取を控えたほうがよいでしょう。

    しかし、しょうがを乾燥させるとこのジンゲロールがショウガオールに変わります。このショウガオールは代謝をよくし、体を芯から温めてくれるため、冷え対策にも効果があるのです。

冷え対策だけじゃない、乾燥しょうがで健康になれる3つのポイント

  • 1:血液がサラサラになり、血圧が安定する

    しょうがパウダー

    しょうがに含まれているショウガオールは、血液をサラサラにすると言われているポリフェノールの種類のひとつです。ポリフェノールの抗酸化作用によって、血栓のつまりを予防することができ、血液をサラサラに保つ効果が期待できます。

    血圧を下げ、安定させる効果もあるので、高血圧の人は積極的に摂っていきましょう。

  • 2:免疫力を上げ、風邪予防も

    しょうがパウダー

    しょうがには、食生活や運動不足から生じてしまう活性酵素から、体を守ってくれる働きがあります。この働きにより、免疫力を上げ風邪を予防する効果や、生活習慣病の改善が期待できます。

  • 3:お肌のシワにも効果あり!?

    しょうがパウダー

    しょうがを摂取することで代謝がよくなり、体全体に十分な水分が巡るようになります。これにより、ハリのあるみずみずしい肌を保つ効果が期待できます。また、肌にシワが寄ることを防いでくれる効果もあるようです。

    ただし、過剰な摂取は肌を乾燥させてしまうため、適量を摂るように注意しましょう。

簡単にできる!しょうがパウダーの作り方

  • 乾燥しょうがやしょうがパウダーは、市販のものもありますが、自宅でも簡単に作ることができます。

    【作り方】
    1:しょうがを水洗いし、キッチンペーパーでふきとる
    2:皮がついたまま、1〜2mmほどにスライスする
    3:重ならないようにキッチンペーパーに並べ、1〜2日天日干しする
    4:ミキサーにかけて粉末状にし、完成
  • しょうがパウダーを上手に取り入れるために

    紅茶やココアなどの飲み物に入れるのはもちろん、生姜焼き、スープ、うどんなどに振り入れるだけでもOKです。粉末状態なので、クッキーやケーキなどに混ぜて焼いてもおいしくいただくことができます。

    摂取のしすぎは体に負担がかかってしまうこともあり、乾燥肌の原因にもなってしまうため、1日あたり10g程度を目安に取り入れましょう。

    また、消火器系の粘膜を刺激してしまうおそれがあるので、胃腸が弱っているときや吐き気のあるときは、控えた方がよいそうです。

暑い夏にもぴったり!しょうがパウダーでジンジャーエールを作ろう

  • 手間がかかりそうなジンジャーエールも、しょうがパウダーを使えばあっという間にできてしまいます。暑い日にホットドリンクを飲むのは少しつらいけれど、ジンジャーエールなら気軽に飲めそうですね。

    市販のジンジャーエールと違い、砂糖や人工甘味料ではなくはちみつを使っているため、カロリーも大幅カットしています。

    しょうがパウダー

    【作り方】
    1:はちみつ大さじ2、しょうがパウダー小さじ2を少量のお湯で溶かし、よく混ぜる。
    2:コップに1のシロップと氷を入れ、炭酸水を注いでできあがり。
    3:お好みでレモンやミントの葉を添えてもOK!

しょうがパウダーで、体の芯から健康に!

  • しょうがパウダーは、小さめのビンに入れて簡単に持ち運ぶことができるのも嬉しいポイント。外出先や職場でも、気軽に摂ることができそうです。

    乾燥させたしょうがは、生のしょうがよりも日持ちするため、面倒くさがりの人でも気軽に取り入れることができます。体の冷えを実感しにくい季節こそ、しょうがを持ち歩いて冷え対策をしておきましょう。

    今からしょうがパウダーの作り方をマスターして、これからの暑い季節を乗り越えてくださいね!

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!