【プレゼントにおすすめ】社会人デビューにぴったり!「最初の1本」におすすめの万年筆5選

【プレゼントにおすすめ】社会人デビューにぴったり!「最初の1本」におすすめの万年筆5選

2015年03月25日

就職祝いに万年筆を贈りましょう!

  • この春に新社会人となる子どもや親戚がいる人なら、卒業・就職祝いに、何をプレゼントしようかと迷っていることもあるのではないでしょうか?

    そこで、おすすめしたいのは万年筆。胸元からサッと万年筆を取り出したり、打ち合わせのときにサラサラと万年筆をノートに滑らせている姿は、仕事のできる大人のようで、新社会人にとっては少し憧れのアイテムです。

    社会人になると、お礼状を書いたり、きちんとした書類にサインをしたりする機会もぐっと増えるため、万年筆を1本は持っていたいところです。

    今回は、万年筆デビューの「最初の1本」におすすめしたい、5種類の万年筆を紹介します。

まずはこれを買ってみて!おすすめ万年筆5選

  • 1:LAMY safari

    万年筆
    (出典:LAMY
    ■L18-EF/F/M サファリ イエロー 万年筆 ¥4,000(税別)

    豊富なカラーバリエーションと、シンプルなプロダクト・デザインで人気を博す文房具ブランド「ラミー」

    リーズナブルな価格でありながらも、持ちやすさと書き心地には自信あり。デイリーで使用でき、「万年筆を持つ」ということのハードルを、ぐっと下げてくれるカジュアルな万年筆です。

    2:Cross Botanica

    万年筆
    (出典:Cross
    ■クロス ボタニカ 万年筆 ¥15,000〜17,000(税別)

    米国でもっとも古い歴史を持つ文房具ブランド、クロス。オリエンタルなフラワープリントが、センス抜群の万年筆です。

    華奢なボディと華やかなデザインで、女性におすすめの1本です。

    3:PARKER Sonet

    万年筆
    (出典:PARKER
    ■パーカー ソネット オリジナル ラックブラックGT ¥20,000(税別)

    革新的な技術で、筆記用具の歴史を牽引してきたパーカーの万年筆。滑らかな書き心地とシックなボディに定評があり、特にソネットは「ビジネスマンが最初に万年筆を持つならこれ」と言われています。

    長時間使用しても手や肩が疲れないほど、軸が細く、軽い書き心地の万年筆。18金のペン先ながら、1万円台から購入できるのも魅力です。

    4:プラチナ万年筆 センチュリー

    万年筆
    (出典:プラチナ万年筆
    ■プラチナ万年筆 センチュリー ブルゴーニュ ¥10,000(税別)

    マイナーなメーカーではありますが、国産では伝統もあり、質の高い万年筆を製造しているメーカーです。高級感のある赤ワインカラーで、男女ともに長く使用することのできる万年筆です。

    14金のやわらかいペン先で、滑らかに文字を書くことができます。スリップシール機構を採用しており、インクの乾きに悩まされることもありません。

    5:セーラー プロフィットスタンダード万年筆

    万年筆
    (出典:セーラー万年筆
    ■セーラー プロフィットスタンダード万年筆 ブラック ¥12,000

    セーラー万年筆の代表作でもある、「プロフィット」シリーズの原点。しなやかな書き味と手になじむ大きさのボディで、実力派の万年筆です。

    ペン先の刻印と、キャップの二重リングが高級感を出しています。名入れサービスを行っているのも嬉しいポイントです。

万年筆を選ぶときはココをチェック!

  • ペン先の太さを選ぶ

    使用目的や自分の好みによって、ペン先の太さを選びましょう。万年筆には極細〜太字まで、さまざまなタイプのものがあります。

    小さく細かい文字を書きたい、手帳用にしたいという場合は細字を選び、書類やお礼状などに滑らかなしっかりとした文字を書きたい、という場合は太字……といった具合に使い分けることをおすすめします。

    持ったときの「バランス」をチェックする

    太さ・長さ・重さ・重心によって、持ったときの感触や書き味が変わってきます。実際に持って、チェックしてみましょう。

    筆圧が強めでペン先寄りを持つ人は、軸が細くペン先が硬い万年筆、筆圧が弱めで後ろを持つ人はやわらかいペン先で軸が太い万年筆のほうがきれいな文字が書ける場合が多いようです。

    メーカーの特色やサービスをチェックする

    メーカーによって、受けることのできるアフターサービスにも違いがあります。長く使うことを考えて、安心してメンテナンスを任せることのできるメーカーを選びましょう。

    また、海外メーカーの万年筆はアルファベットや横文字を書くことを想定して開発されているため、日本語特有のとめ・はね・はらいが書きづらいという意見もあるようです。

    メーカーごとのこだわりや特色を見比べながら、自分に合う万年筆を見つけてみましょう。

万年筆を手に入れて、社会人デビューの準備をしましょう!

  • 高価でお手入れが大変……と、敷居を高く感じてしまいがちな万年筆ですが、意外と安価で使いやすい万年筆もたくさんあるんです。

    そうは思っても、なかなか自分で購入に踏み切ることのできる新社会人は、あまり多くないもの。

    「最初の1本」をプレゼントしてあげれば、万年筆へ興味を持つきっかけを作ってあげることができるかもしれません!

    まだお祝いを用意していない人は、ぜひ万年筆をプレゼントの候補にいれてみてはいかがでしょうか?

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!