【英語を上達させたい!】初心者が意識するべき英語学習5つのポイント

【英語を上達させたい!】初心者が意識するべき英語学習5つのポイント

2015年05月19日
  • 季節も爽やかになりました。

    「英語ができるようになりたい」と思っているそこのあなた!

    勉強を始めるのもいいですが、勉強しているだけだとなかなか上達しないものです。

    英語を長年教え、その中で多くの生徒さんたちを見てきた私の経験から、英語を学び始めようとしている人に意識してほしい5つのポイントを解説します。

1. 学習+実践をセットで考える

  • Welcoming each other

    英語を使う場がないという方が多いです。英語で話す友達や活用する場を作りましょう。

    英語学習を続けても、使う場がないと上達が実感できないからつまらない、という問題があります。コミュニケーションのために英語を学ぶのなら、外に出て活用しないと意味がありません。

    ゴルフをやっても、打ちっ放しだけ行って、コースで打ったことがないのはつまらないですよね。上達ビデオをいくら見ても、自分でクラブを振らないと上達しませんよね。

    ゴルフだって、少し練習したらコースに出ます。実際に打って「パターが下手みたいだから練習しよう」と具体的な課題が見えてきたり、「まだ自信はないけど、慣れてきたら楽しいな」と楽しみを覚えるわけです。

    英語も同じで、「感情を表現するボキャブラリを増やそう!」という具体的な課題や、「最初は緊張してたけど場数を踏んで慣れてきた」など使ってわかることがたくさんあります。

    ・参考:MEETUP.COM
    meetsup

    例えば、こちらのMEETUP.COMなどで関心のあるイベントに行ってみましょう。英語を学ぶために行くよりも、外国人の友達を作ることを目指していきます。

    勉強会でもいいと思います。地域のボランティアで、外国の方を助けるものなどありませんか?

    「できるようになってから」ではなく、できないうちから行き自分を使う場にさらすことが大事です。外資系企業など、毎日周りで英語が飛び交っている場にいない方。

    いないからこそ、作っていきませんか?意識して自分をそういう場所に連れていってあげましょう♪

2. スケジュールに入れてしまう

  • diary-614149_1280

    「そろそろ英語勉強を始めよう!」と思っていても、時間がなくて始めることなくあっという間に1年経ってしまった。

    そんな方はいませんか?このままいくと、また次の1年が過ぎてしまいます。まずは行動しましょう。

    自分で勉強する場合、翌日のどこで勉強するかをスケジュールに入れていくのがオススメです。私は10分くらいでもスケジュールに入れておきます。

    仕事と同様、朝の時間でも夜でもいいのでとにかく入れておく。「時間ができたら」と思っているとどんどん後回しになっていくからです。

    勉強会やレッスンに行くのなら、直近で参加できそうなクラスを探しましょう。単発で行けそうなものがあったら、まずは予約してみましょう。

3. 勇気と能動性を養う

  • MZ4PCP8T

    「なかなか話せない」という場合、意識的に勇気能動性を持つことで変わる方も多いのです。あと一歩、踏み出す勇気を持ちましょう。

    勉強以外に、今月から、または今日からこんなことをしてはいかがでしょうか?

    例:困っている外国人ツーリストにとにかく話しかける
    例:英語で行われているセミナーやパーティに行き、最低2人と英語で話す
    例:1ヶ月に1回はMEETUPのイベントに行く。

    などなど、自分なりの決め事をしてみてください。行動を起こすことが英語では大切です。

4. 五感を使う

  • business-690675_1280

    「リスニングだけ」や「読むだけ」といったワンパターンの学習しかしない方が多いです。

    英語が話せるようになるためには、アウトプットが不可欠です。発声書く練習をどこかでする必要があります。家でも会社でも場所がないなら、解決策を考えてみましょう。

    例:カラオケボックスを活用してもいいかもしれません
    例:図書館やコワーキングスペースを利用して書く練習
    例:気軽に行けそうな単発レッスンに時々参加してアウトプット練習

    声を出したり、書いてみたりすることは、アウトプット能力の上達に加えて、記憶への定着がよくなります。手先や指先、顔の筋肉や声帯など、体の神経をフルに使ってあげることで、脳に英語の信号が送られます。

    出社前にコーヒーショップで15分くらい書く、練習問題を解くなどでも構いません。自分への投資だと思ってやってみてはいかがでしょう。

    公園でぶつぶつとテキストを読んでいても、人の迷惑にならない程度なら問題ありませんよ?

5. 目標はコミュニケーション

  • microphone-704255_1280

    正しい英語を話すことを目指すのではなくて、コミュニケーションすることが目標です。

    「できるだけ正しい英語がいい」というのは、伝わりやすくするためであって、そのこと自体が目標ではありませんよね。社会人になってからの英語は、社交ビジネスのためのはずです。

    英語が伝わり、話のボールがあっちにいき、こちらに戻ってきて、それをまた打ち返して…、というのが楽しいところです。

    細かい間違いに神経質になりすぎず、話してみて!身振り手振りを交えながらでも伝わると楽しくなります。

    「怖い」や「恥ずかしい」は誰にでもあります。だからこそ、できるだけ自分にプレッシャーを与えつつ、同時に楽しみながらチャレンジするようにしましょう。

おわりに

  • 「今年こそ!」と思っている方を応援しています♪

    学びを始めるのに遅すぎることはないですが、時間は過ぎていきます。

    今年こそ、一歩、足を踏み出してみませんか?
    <ナビゲーター>
    747caa00-f590-4d64-954d-f8f2d8720651
    渡部 泰子
    Yasuko Watanabe

    マグノリア・コンサルティング代表

    TOEIC985点。元ユナイテッド航空機内通訳(ISR)。通訳ほか、英語を使うプロジェクト各種に関わりながら英語教室を主宰

    詳しいプロフィールはこちら>

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!