食べるスムージー⁉ あなたの手作りスムージーに〇〇をプラスしたらヘルシーでお腹いっぱい!

食べるスムージー⁉ あなたの手作りスムージーに〇〇をプラスしたらヘルシーでお腹いっぱい!

2015年06月24日
  • カラダを大切にしている働く女性の間では、すっかり習慣化されているスムージー

    しかし「朝のスムージー1杯だけだとお昼まで空腹感に耐えられない…」とスムージー生活を始めることを躊躇されている方や、「スムージーを続けているけれど使用する食材がいつも一緒」という方も多いはず。

    そこで、美味しいのはもちろん満腹感を得られてさらに栄養も摂取できる、あの食材をプラスしてみてはいかがでしょう?

    今回はおすすめ食材に加えて、スムージーが身体に良い理由もご紹介。「スムージーはハードルが高い」と思っている方も、その健康メカニズムを知ったら毎朝作りたくなるはず。

    普段から愛用している方もスムージーの効果をおさらいして、さらにスムージーの魅力を知りましょう!

スムージーを飲む時間は〇〇がベスト

  • スムージー②
  • まず私たち人間の体のリズムを知りましょう。

    実は、朝4時から12時の間は排泄の時間。つまり、この時間はたっぷりの野菜やフルーツを摂取することで腸内のデトックスをすることが腸内環境を整える第一歩なのです。

    朝起きて、新鮮なフルーツや野菜という「美味しいクレンザー」を使って腸内に溜まった汚れを洗い流してあげましょう。この習慣が身につくと、目覚めたら自然とスムージーを飲みたくなります。それは味覚が「ナチュラル嗜好」に変化したサイン。

    ヒトの生体リズムを考えた場合「朝食はスムージーのみを摂取する」というのが理想の食べ方なのです。スムージーは「朝」摂取しましょう。

自然の健康理論「ナチュラルハイジーン」

  • 1830年代、アメリカの医師たちによって提唱された自然の健康理論をナチュラルハイジーンと言います。

    起きたてで無理に朝食を食べる必要はない」「朝食は、軽いものをほんの少しでよい」という理論。日々少しずつ、人間本来の食事方法を実践してみることで、体調の変化も感じられると言われています。

    無理はしないで、自分のカラダと向き合いながら実践してみましょう。

カギとなる「酵素」

  • 酵素は加熱していない食材に含まれている注目の栄養素。つまり、生の野菜やフルーツにたっぷり含まれています

    酵素は48℃以上加熱すると働きが弱まってしまいます。あまり熱が伝わらないようにするためや撹拌しすぎないために、ミキサーの回しすぎに注意するのもポイント。

    食材を噛むことで、満腹感も得られるのです。

ヘルシーで満腹感を得られる食材は〇〇!

  • 「朝食をスムージーだけで済ませると、お昼まで空腹感に耐えられない…」という人におすすめの食材が、女性の味方でもある「お豆腐」を使ったクリーミーで濃厚な「食べるスムージー」。

    お豆腐の代表する栄養素の一つに「大豆イソフラボン」があります。これは女性ホルモンと似たような働きをするので女性の強い味方。

    毎日少しずつ摂取することで、ホルモンバランスを崩しやすい時期にはココロを安定させる効果もあると言われています。ヘルシーなのにお腹いっぱいになるという満足感も得られます。

お豆腐を使った食べるスムージーのレシピ

  • それでは、美味しくてかわいいレシピのご紹介です。

     

  • スムージー③
  • 1. アボカドとバナナのおとうふスムージー

    【材料】(1人分)
    ・小松菜 葉1枚
    ・アボカド 1/4個
    ・バナナ 1本
    ・豆腐 1/4丁
    ・豆乳ヨーグルト 大さじ2
    ・はちみつ 大さじ1
    ※写真は上にラズベリーと豆乳のスムージーを重ねています。
  • スムージー④
  • 2. オレンジのおとうふスムージー

    【材料】(1人分)
    ・オレンジ 1/2個
    ・レモン汁 小さじ1
    ・豆腐 1/4丁
    ・豆乳ヨーグルト 大さじ1
    ・蜂蜜 小さじ1
    (バナナ1/2本を入れたらより飲みやすくなります)

    お豆腐を使うと、硬めのスムージーに仕上がるので、その上にカットフルーツやヨーグルトを重ね、ナッツを散らすと、見た目もキレイな2層のスムージーが簡単に作れます。

    おもてなしドリンクとしても最適の、スプーンを使う「食べるスムージー」。1食分の立派な食事です。

簡単アレンジ!濃厚豆腐クリームのフルーツサンド

  • たまには朝食に甘いサンドイッチやパンケーキを食べたい!という方におすすめなのが豆腐クリームのフルーツサンド

    メープルシロップを加え水切りをしたお豆腐に好きなフルーツをミキサーにかければ、ヘルシーな濃厚クリームのできあがり。

    生クリームとは違い、ナチュラルでヘルシーな食材ばかりなのでダイエット中の方も安心して美味しいクリームサンドを楽しめます。

     

  • 写真⑤竹炭パンのとうふクリームサンド
  • 3. おとうふクリームのレシピ

    【材料】(1人分)
    ・豆腐 1/2丁
    ・ラズベリーなど好きなフルーツ
    ・メープルシロップ 大さじ1
    ※写真のパンは竹炭パンを使用しています。

おわりに

  • 写真⑥野菜とフルーツ
  • 飲むためのスムージーにこだわらずに「食べるスムージー」としてのレパートリーを増やして、将来のカラダのための食事を楽しみましょう。

    2015年4月から「農産物の機能性表示制度」が開始され、スーパーでは野菜の栄養素の情報を目にする機会が多くなります。野菜それぞれの機能性やチカラを知って、食事で病気を予防する習慣を持ちましょう。

    健康な状態での長生き、つまり健康寿命を延ばすことは、あなたの人生の質を向上させることにも繋がります。いまは健康でも将来のカラダの事を意識したバランスの良い食べ方や、食材の選択が大切です。

    そのためにも野菜やフルーツをたっぷり使った毎朝のスムージーを楽しく続けてみませんか?
    <ナビゲーター>
    saito先生
    Saito Chiharu
    日本ヘルス&ホスピタリティ協会
    チーフインストラクター

    べジフルビューティセルフアドバイザー。ナチュラルダイエットマイスター。

    詳しいプロフィールはこちら>

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!