現役カメラマンが伝授!初心者が一眼レフカメラを選ぶときに覚えておきたい3つのポイント

現役カメラマンが伝授!初心者が一眼レフカメラを選ぶときに覚えておきたい3つのポイント

2015年01月07日

憧れの一眼レフカメラが欲しい!

  • camera
  • 新年は、なにか新しいことを始めるのに絶好の機会です。

    最近は、趣味のひとつとしてカメラを始める人も多く、「今年こそは一眼レフカメラを買おう!」と思っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

    でも、「どういうカメラを買えばいいのか?」「そもそもスマホがあるのに一眼レフを買う必要があるのか?」……などの疑問から、あと一歩を踏み出せないという人もいるはず。

    そんな読者の皆さんの背中を押すために、現役カメラマンの筆者が一眼レフカメラ魅力選び方を紹介します。

一眼レフカメラはとにかく画像がきれい!

  • 現在、世の中にはスマートフォン、コンパクトデジタルカメラ(=コンデジ)、ミラーレス一眼……など、さまざまな種類のカメラが溢れています。
    その中でも、一眼レフの魅力は何よりも『画像がきれい!』ということ。

    では、なぜ一眼レフは画像をきれいに撮れるのでしょうか?

    私達が見ている景色は光となってレンズを通し、撮影素子(CCDやCMOSなど)を受けデジタル変換されて画像となります。撮影素子というとわかりにくいですが、絵を描く「キャンバス」と考えるとわかりやすいかもしれませんね。

    キャンバスのサイズが大きければ大きいほど細かい物が書き込めます、その逆も然り。

    一般的なスマホと比べると一眼レフは約20倍(フルサイズ換算)の大きさ。極端な表現をすれば、スマホの写真より20倍きれいに撮れるのです。

    実際に、一眼レフカメラで撮った写真とスマートフォンで撮った写真を比べてみましょう。

    ▼ Nikon D7000にて撮影
    カメラ

    ▼ スマートフォン(ARROWS F-01F)にて撮影
    カメラ
    明らかに、色の鮮やかさや、ディテールに差がありますよね。

一眼レフカメラを選ぶときのポイント

  • いざ、『一眼レフカメラを買おう!』と決意しても、初心者だとどのようなものを買えばいいのかわからないものです。あまり安いものでもないので、できれば失敗することなく、良いカメラを手に入れたいですよね。

    そこで、初心者が一眼レフカメラを選ぶときに注意しておきたいポイントを3つ紹介します。

    その1:メーカーごとの特徴

    カメラを選ぼうと思ったとき、店頭でまず迷うのが「どのメーカーが良いのか?」ということ。

    人気の4社のカメラの特徴は、主に次の通りです。

    ▼ ニコン、キヤノン

    ニコン
    Nikon 公式サイト

    キャノン
    Canon 公式サイト:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ

    上記2社は、国内の老舗メーカー。レンズも豊富に揃っており、第一線で活躍するカメラマンにも愛用者の多いメーカーです。

    国内における一眼レフのシェアはほぼこの二社で独占されています。迷ったときは、どちらかのメーカーにしておけば失敗する確率は低いでしょう。

    ▼ ソニー

    ソニー
    SONY デジタル一眼カメラα

    一眼レフメーカーの中では後発組。
    ですが、他社より尖ったデザインや、新機能を盛り込んでいるのが特徴です。

    ■ペンタックス

    ペンタックス
    RICOH IMAGING 公式サイト

    防滴防塵に強く、手ブレ補正機能を利用した天体撮影が可能。
    星空を撮りたい!』という方に特におすすめです。

    その2:ボディの選び方

    実は、どのメーカーや機種もボディの性能差というのは特にありません。
    なので、販売店などで実際に手に取り、操作をしてみることが重要になります。

    手に持ったときの感覚や大きさ、シャッター感など、自分のフィーリングにあったものを選ぶといいでしょう。

    その3:レンズの選び方

    一眼レフといえば被写界深度の浅い、つまりボケ味が強い写真を撮りたいと思うもの。
    その場合は、単焦点レンズがおすすめです。

    カメラ
    この写真のように、ボケ味の強い写真は単焦点ならではの魅力です。

「ストリートアカデミー」で受けられる一眼レフカメラ講座

まとめ

  • スマホやコンデジは、基本的にカメラが自動的に最適な設定にして写真を撮ってくれます。

    それに比べ、一眼レフでは細かい設定が可能となり、慣れてくると自分の思い通りの写真を撮ることができます。

    簡単に撮れてしまうスマホやコンデジも楽しいですが、試行錯誤してイメージ通りの写真を撮れたときの喜びはとても大きいもの。

    今年こそは一眼レフを購入し、「撮れた」写真は卒業して、「撮った」写真を撮影してみてはいかがでしょうか。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!