まなびの
STORY

  「社会の変化に合わせてニーズが多様化する現代において、今、大人がまなび続ける理由」イベントレポート前編

ストアカまなび総研イベントレポート

「社会の変化に合わせてニーズが多様化する現代において、今、大人がまなび続ける理由」イベントレポート前編

  • 前野隆司

    前野隆司さん(Takashi Maeno)

    慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授

    1962年山口生まれ。広島育ち。84年東工大卒。86年東工大修士課程修了。キヤノン株式会社、カリフォルニア大学バークレー校客員研究員、慶應義塾大学理工学部教授、ハーバード大学客員教授等を経て、2008年より慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント(SDM)研究科教授。2011年より同研究科委員長兼任。
    研究領域は、ヒューマンロボットインタラクション、ハプティックインタフェース、認知心理学・脳科学、心の哲学・倫理学から、地域活性化、イノベーション教育学、創造学、幸福学まで。主宰するヒューマンラボ(ヒューマンシステムデザイン研究室)では、人間にかかわる研究なら何でもする、というスタンスで、様々な研究・教育活動を行っている。また、所属する文理融合の大学院SDM研究科では、環境共生・安全などの社会的価値を考慮した様々なシステムのデザインに関する研究・教育を行っている。

    松島倫明

    松島倫明さん(Michiaki Matsushima)

    編集者/NHK出版 放送・学芸図書編集部編集長

    翻訳書の版権取得・編集・プロモーションなどを幅広く行う。手がけたタイトルに、デジタル社会のパラダイムシフトを捉えたベストセラー『FREE』『SHARE』『MAKERS』『シンギュラリティは近い』のほか、2015年ビジネス書大賞受賞の『ZERO to ONE』や『限界費用ゼロ社会』『〈インターネット〉の次に来るもの』がある一方、世界的ベストセラー『BORN TO RUN 走るために生まれた』の邦訳版を手がけて自身もミニマリスト系ランナーとなり、いまは鎌倉に移住し裏山をサンダルで走っている。『脳を鍛えるには運動しかない!』『GO WILD 野生の体を取り戻せ!』『マインドフル・ワーク』『NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる』など身体性に根ざした一連のタイトルで、新しいライフスタイルの可能性を提示している。

  • image_v2
  • 2017年7月3日。社会人の学びニーズを調査・発信して行くためのリサーチ部門「ストアカまなび総研」の設立を記念し、「社会の変化に合わせてニーズが多様化する現代において、今、大人がまなび続ける理由」をテーマに、ゲストをお招きしてトークセッションを行いました。

    ゲストはシステムデザイン・マネジメントの見地から幸福学の研究をされている慶應義塾大学大学院教授・前野隆司氏と、新しいビジネスの流れから生き方まで、幅広い領域を俯瞰で捉えるNHK出版編集長・松島倫明氏。 ファシリテーターはストリートアカデミー株式会社 代表取締役 藤本崇が務めます。

    ストアカまなび総研の第1回調査結果を踏まえながら、幸せとまなびの関係やシンギュラリティ、AIの話まで、多岐にわたるトークの内容を前後編でお届けします。

人はなぜ大人になっても学び続けたいと思うのか

  • DSC07114
  • まず最初に(スライドに)今日は絶対これだけは議論しなきゃいけないという私の中のホットテーマを挙げさせていただきました。大人の学びにはいろんなきっかけがあると思います。義務教育を終えて学び直しをする方、あるいは趣味のスクールに通う方や、本を買い続ける方を含め、そもそもなぜ人間には学ぶ欲求があるのかなということを、ストレートにお伺いしていきたいなと思います。まずは前野さんいかがでしょう?(藤本)

  • DSC07140
  • 前野

    僕の研究でわかったことですが、幸せの条件のひとつは学んで成長することなんです。不幸な人はやはり学びが足りていないからもっとスキルアップして地位財(金、モノ、地位などの他人と比較できる財)も得なきゃいけないし、幸せも得なきゃいけないというネガティブな理由により「学ばなきゃいけない」という焦燥感があると思うんですが、幸せな方は学びが「好き」なんですね。僕も本当に学びが好きなんです。学者はいつまでも学びが好き。研究って世の中の新しいことを学び続けることですから、それが最高の楽しみ。それに気がついちゃった人は、まさに学び自体が幸せなんです。学ぶとそれによって新しい事例が見えてきて、それがまた社会貢献にもつながって、それが学びになる。
    ですから学ぶ欲求とは、幸せな人はやはり幸せなループの中にあるものだと思います。一方で、不幸せな人は本能で「何か学んで、自分の個性とか強みとかを伸ばさなければいけない」と感じているから、負担になるものなのだと思います。

  • 幸せな人って、意識として学ぶと幸せを得られるということをわかって学び続けていると思いますか?それとも無意識に好きになっちゃっているんでしょうか?(藤本)

  • 前野

    多くの人は無意識です。
    言われてみると確かに、学んで成し遂げた「やったー」っていう時は、嬉しいじゃないですか。逆に、学校で無理矢理英単語を覚えるとか、無理矢理やるのって面白くないじゃないですか。まあなかには英単語を覚えるのが好きな人もいるかもしれないけれど。
    本当に好きなものを学ぶ時ってやっぱり、考えてみると幸せなんだと思います。ストアカさんも、もっとそれをドーン出すといいかもしれない。

  • ありがとうございます(笑)今ヒントいただきました。松島さんは?(藤本)

  • matsyshima-2
  • 松島

    デジタル社会という観点で思うのは、WIREDという雑誌の創刊編集長でケヴィン・ケリーという人がいるんですけれど、彼が『〈インターネット〉の次に来るもの』という著書の中でこう言っています。現代というのは「ユートピア」でもなければ、「ディストピア」でもなく、「プロトピア」なんだと。つまりすべてはプロセスだということで、ユートピアやディストピアみたいにどこかに行き着くわけでなく、常にプロセスの中にいるということです。

    考えてみると、昭和の時代って、50代くらいになると、なんか人生上がりな感じがしたじゃないですか。サザエさんの波平さんは54歳なわけですが、サラリーマンとしてなんとなく歳を取って地位があれば、もうあまり切実に学ぶ必要がないから、適当にゴルフとか盆栽をやってみたり、英会話を勉強してみたりするわけです。

    だけど今の時代、僕らは100歳くらいまで生きるし、これだけテクノロジーが速く進化しちゃったら、人生の最初の20年だけ勉強してあとは勉強しないって、全くありえない話です。まさにこれが「プロトピア」なわけで、常に学んで、常にアップデートしていかないといけなくなる。さらに言えば、学んで、一所懸命に就職活動して、やっとゴール!というよりは、常にちょっと学んで、それをやってみて、ということをトライアンドエラーでずっとやっていく世界になっていくのかなぁ、という感触を持っています。

     

  • protopia
  • 従来はある程度パターンがあったけれど、時代は変わってきていると。学び続けるニーズは今の時代だからこそという要因があるのでしょうか?(藤本)

  • 松島

    僕は社会が豊かになっているからだろうなと思ってます。マズローの欲求5段階で言えば、まずは衣食住足りて(生理的欲求)、安全も確保されて(安全欲求)。その次は地位財。そして社会の中にちゃんと属しているっていう気分(社会的欲求)があって、その中に自分はこうだ(尊厳欲求)っていうのがあれば、割と人間は満足できたりします。それが今は流動化している。いくら良い会社に勤めていても、60歳くらいで定年すると後40年どうするの?っていうことになるからです。

     

  • motivation-up
  • また社会が豊かになってくると、さらに上の欲求、さらに高次の自己実現みたいなところに、人間の目指すところが向いているのかなとも思います。要するに、テクノロジーが人間の欲求自体を進化させていく、という意味合いもあるのですが。

    アブハム・マズロー:アメリカの心理学者。人間の自己実現を研究対象とする「人間性心理学」の最も重要な生みの親とされている。欲求の5段階説(欲求のピラミッド)を主張したことで知られる。

  • 前野

    今は世の中の変化が激しいですよね。これからもインターネットの社会はさらに変化して、新しいことが世界中でボコボコと起きてくる。だから、まさに学校で学んだからそれで終わり、では全く済まされないっていう変化がある。これが1つの理由だと思います。

    もう1つは、今日本人は働きすぎとか言いますけど、明治時代や江戸時代は今よりもっとものすごく働いていたんですよ。江戸から明治になって労働時間が減ったけれども、それでも今よりも全然働いているんですよ。そういう意味では、私たちは働きすぎと言いながらも、相当豊かになって自由な時間ができていて、その余った時間で学んで、さらに今の時代に対処するという、面白い幸せなループができる時代に生きていると言えますね。

  • matsyshima-3
  • 松島

    そうですね。きっと、盆栽やゴルフを余生ずっとやっているというのは退屈だと思うんです。今みたいに、常に学べるっていうことを前野先生がおっしゃるようにできれば、より幸せになる種がいくらでもあるって意味で面白いですよね。

  • ちなみに日本という枠を取っ払って、例えば経済が今成長しているような、アフリカや東南アジアですと、学びのニーズは幸せの追求よりも、もっと貪欲に職を得るとか食い扶持を増やさないといけないなどの理由になるかもしれません。学びのニーズというのは、国によって全く質の違うものなのでしょうか? それとも根源的には一緒でしょうか?(藤本)

  • maeno-1
  • 前野

    やはり地位財、金とかモノとかインフラとかそういうことに向かいますよね。アジアの人は。

    よく日本の人がブータンとか東南アジアの国にいくと、目が生き生きして幸せそうだとか言いますが、幸せ度を測ってみると、やはり日本人の方が平均値が高い。彼らは口では幸せだと言っているし、将来への希望があるから、非常に活力はあるんですよね。だから幸せそうに見えます。しかし聞いてみると、学びそのものの幸せとか、人との多様な繋がりとかではなく「まずはお金ですよ」と言っている。だから、社会の成熟段階としてはまだこれからというか、マズローの下を固める段階にあると思うんです。

    幸せもマズローと同じで、まず優先順位としては、スキルアップしてお金のためにというか、豊かさのための前の段階の幸せを目指すのだと思います。それが満たされたら上を目指す。

  • 逆に言うと、そのピラミットを駆け上がっていく、全てのプロセスで学びが必要という言い方もできますね?(藤本)

  • 前野

    それはそうですね。学びがないと何もできないんで。人間は赤ちゃんから大人になるまで、すべて学びですよね。

    心って何をやるかというと、知情意と学習と記憶と言われている。学びというのは、すべての生物が必ず環境適応のためにやる、基本ですよね。

向上心とは? 自己実現vs.社会的評価

  • 22
  • それでは次の問いに行きたいんですが、実は同じ質問を言葉を変えて、なのかもしれません。 たとえばMBA取りに行くのって何なのか。社会的認証を取りにいくのか、それとも自己の学習のために行くのかどっちなんだ?という動機のループがあります。先ほどのまなび総研の動機の順位でも、自己実現、自分探し、自分磨き、キャリア、仕事というのがランク上に上がっている。僕は「向上心」という言葉でくくってしまったんですけれど、これは一体どっちなんでしょうか? それとも混在しているんでしょうか?(藤本)

  • 前野

    私の言葉で言うと、仕事・転職・キャリアによる幸せは地位財的ですよね。社会的評価が他人と比べて良くなるとか、金を得られるようになるとか。趣味・健康維持・気分転換は、非地位財の純粋な自分磨きみたいなものです。実際に幸せを目指す時には、両者が混在していますよね。

    私は究極の幸せは、ライフワークバランスだと思います。仕事も超幸せ、月曜日会社行きたくてしょうがなくて、金曜日になったら週末が楽しみでしょうがなくて、週末が終わると会社行きたくてしょうがない。そういう風になっていくと自己実現と社会的評価っていうのが、もはやすべてやらされ感ではなくて、全部ワクワクになってくる。そうすると幸せですよね。

  • ストアカのカテゴリーで1番人気なのがビジネススキルで、次がWEB・ITなんです。このWEB ・ITが何を表しているか。つまり副業のためにWebサイトの作り方を学んだり、アプリの作り方を学ぶ人がすごく多いのです。だからといって必ずしもインターネット業界に転職を、ってとこまで思いつめていない人たちなんです。だけど自分の組織を立ち上げたいとか、副業としてアプリを作りたい、でも本業ではない。すごくそういう人が多い。 人によって何がドライブになってるのかがよくわからない。気軽に学べるものなので、そのどっちつかずで良いのかとも思うのですが。(藤本)

  • 333
  • 松島

    最初の入り口が小銭稼ぎのようなビジネス目的なのか、そうではなくて自分の自己表現をしたいからなのか、どちらにせよオプションを持てているというのは精神的にはすごくいいですよね。自分はこの1つだけに賭けてなくて、いわゆる副業なり、「俺には手に職がある」的なものができるということは、それでマインドが幸せになりますよね。自己実現も社会的評価もまさにミックスだと思います。

    マズローの段階では自己承認欲求っていうのが自己実現の手前にあるんですね。社会的地位もそうなんですけど、このネットワーク社会では社会的評価がより重要になってきている。これまでは会社内やある組織の中だけ、ご近所だけの評判をコントロールしていればよかったけれど、今やあらゆる世界をつなぐSNSの社会ができてくると、その中で自分をコントロールして、ある種の社会的評価を気にせざるをえなくなる。かっこつけでもいいし、いいことをやった、誰かに貢献した、だから俺は偉いんだ、でもなんでもいいと思うんです。実際にかっこつけていいことをしたことが社会のためになっていればそれはいいことなので。そういう形での社会的評価のようなものをぐるぐる回し、それが社会関係資本となって通貨のようにやりとりされると、みな絶対気にせざるを得ない、それでいいんじゃないでしょうか。

    その中で、社会的評価を得るためにやってみたら、案外楽しかった、誰かのためにやってみたら自分も幸せになれたと思えば、いい意味での自己実現という階段を自分の中で築きあげることができる。そっちの回路が動き始めれば、それはそれでいい社会になるんじゃないかと思います。

  • 前野

    モチベーションの高くない若い人のことを悟り世代と言うことがありますけど、地位財型の欲求が満たされていないのに、無理やり非地位財型の欲求を満たそうと思っても、本来は難しいですよね。
    私の研究でも、利己性と利他性と年齢の関係という綺麗なデータがあって、20代が1番利己的なんです。利己的というと悪い事みたいだけど、自分を磨いて一流になりたい、そのために社会的評価を上げたいと1番思う時期なんです。年齢とともに、ジワーと利他性は上がるようになっている。社会的評価が上がれば、安心して利他的な方に行けるわけです。

    逆に「利他なんて偽善だ」とか言って金や地位を目指すけれど、うまくいかなくて、結局大きな人生の波に乗れない、というパターンが1番残念ですね。若いうちは自分がやりたいことをしたほうがいい。

  • 松島

    就職しないで世界一周するって言ってみたり?(笑)

  • 前野

    何もかも捨てて世界1周してみるくらいがいいですね。

  • 松島

    いいですよね。

  • 前野

    松島さん、行ってそうですね(笑)

  • both-1
  • 松島

    僕は残念ながら行けなかったんですけれど、でも社会的評価の軸がすごく増えているってことですよね。

    昔は一流の大学行って、一つの会社に勤めてみたいのが軸だったけれど、今は多様性があって、世界を周ってもそのスキルを活かせる仕事がいくらでもあって、そこから発信もできる。軸が増えているからこそ、先生がおっしゃったように社会的評価を追い求めることは、すごく楽になったかもしれませんね。

  • 子供に、よくやりたいことを見つけさせるときに、褒めるのが重要だというじゃないですか。まずは褒めるっていうのは他人からの評価なんだけど、自分がパッションを保てるようになるためには、他己評価もある程度きっかけ作りに役立っているから、やっぱり切っても切れないのかな、と思います。 ストアカを含むシェアリングエコノミーも評価システムがあって、それで縛られてるから嫌だという人よりも、「ちょっとのありがとうで、自分がやることが好きだとわかりました」みたいな方が、そこでぐるぐる回っているんじゃないかなと。(藤本)

  • 松島

    上方向のスパイラルになっていく、ということですね。

  • 前野

    細かいこというと、教育学では、褒めるではなくエンカレッジがいいんです。結果を褒めるのは危険で、経過をエンカレッジする。「100点とったね」というと結果を褒めると、社会的評価を気にしてしまう。経過を「やる気あるね」とエンカレッジすると、幸せの方向に来るんです。褒め方も間違えると逆効果になるんです。

     

  • 4reason
  • 幸せの4つの因子の最後に、あなたらしく人の目を気にしない人が幸せというのがあるんです。人と比較しているうちは幸せ度が下がってしまうんですよ。人との比較で勝ちたいと思っている人よりも、人は気にせずに、自分の道をいくという人の方が幸せなんですよ。これはもうデータとして明確です。人生の途中では金や地位を目指すべき時もあるけれど、本当のところ、もっと幸せを目指すならば、それを超越しなければ幸せになれないようにできているんですよ、人間は。説教くさいですが、データが言っていることなんです。

    ※幸せの4つの因子:前野氏が幸福に関する過去の研究成果を統合し、因子分析という手法で導き出した幸せの心的要因
    ①自己実現と成長(やってみよう)
    ②つながりと感謝(ありがとう)
    ③前向きと楽観(なんとかなる)
    ④独立と自分らしさ(ありのままに)

  • 松島

    そういったある種の超越じゃないですけれど、自我を超える瞬間というか体験を、どこかで必ず経験することになりますね。自我を超えると、すごく人生を生きるのが楽になってくるというか。
    なんなんですかね。それが年を取ることなんでしょうか。

  • 前野

    あんまり若い方マネしなくていいですよ。(笑)若いうちから自我越えようとかしなくていい。まぁする人もいますけどね。

  • 【ファシリテーター】
    藤本崇(ストリートアカデミー株式会社 代表取締役)
    1976年生まれ。24歳まで通算15年間をアメリカで過ごす。大手企業に務める傍ら、映画学校、料理学校などでキャリアの模索を繰り返した後、スタンフォードでMBAを取得。2005年にSteve Jobsのスピーチを生で聞いて衝撃を受け、起業を志す。金融での経験を経て、2012年にゼロからプログラミングを学び、もっと個人が自由に生きることができる社会を目指して、ウェブ上で学びたい人と教えたい人を結ぶマッチングサイト「ストアカ」を立ち上げる。ストアカは4年後、全国で1万人が教えて10万人が学ぶ日本最大級のまなびのマーケットへと発展。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!