まなびに
行こう

  500円で学べるPhotoshop、すごく楽しかったです!! ど素人の私でもちゃんとできました☆

500円で学べるPhotoshop、すごく楽しかったです!!
ど素人の私でもちゃんとできました☆

2015年01月07日
  • こんにちは!体験レポーターの立石 菜緒美です♫
    今回は、Kitano Tomo先生が開催されている

  • こちらの講座、なんと500円です!!
    学生にも嬉しい価格です♪

    パソコンも貸していただけるので、
    Photoshopのアプリを持っている必要もありません!

Photoshopとは

  • 49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7-1024×768 (1)
  • Photoshopとは、写真・絵を加工するソフトウェアです。映像も加工できます。
    Illustratorは、ペラもの(名刺など)が作れます。
    Indesignは、ページもの(パンフレットなど)が作れます。

  • 20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-1024×768 (2)
  • なるほど〜。

     

    PhotoshopとIllustratorはよく耳にしていましたが、
    それぞれできることが違ったんですね。
    言われてみれば名前の通りですね!

     

    では、まず画面の通称です。

  • ① ツールパレット
    ② キャンバス
    ③ カラーパレット
    ④ レイヤーパレット
    ⑤ (上)メニューバー(下)オプションバー
    です。

    これが分かるだけでも、操作法を教えてもらった時にスムーズに作業ができますね♪

    実際にPhotoshopを使ってみましょう!

写真に絵を描いてみよう!

  • 500円で学べるPhotoshop、すごく楽しかったです!!<br> ど素人の私でもちゃんとできました☆
  • 絵を描く前にひとつやることがあります。
    上のお魚の写真は斜めになっています。
    なので、角度の修正を始めにやります。

     

    角度の修正
    ツールパレットの上から4つ目のアイコンで切り取り
    →オプションバーの「角度修正」を選択してから、
    水平にしたい角度でドラッグする
    (今回であれば斜め右上にドラッグ)
    →トリミング
    →オプションバーの「切り抜いたピクセルを削除」のチェックを外す

    絵を描いてみよう
    ツールパレットからブラシツール(上から8つ目)を選択
    →ツールパレットの下から3つ目のアイコンで色を選択
    →オプションバーから筆の太さと種類を決める
    →レイヤーパレットで新規レイヤーパレットを作成
    →絵を描く!

     

    最後に新規レイヤーパレットを作成しましたが、これは透明のフィルムだと思っていいそうです(^^)
    写真の上にフィルムがあって、その上に絵を描いたということになりますね。

    このように写真を加工して行く際は元の写真を保つことがポイントです!
    このポイントは絶対に押さえておきたいですね☆

    ちなみにデザイナーさんが使う筆の種類は、
    ほぼソフト円ブラシハード円ブラシだけだそうです。

色を変えてみよう!

  • 500円で学べるPhotoshop、すごく楽しかったです!!<br> ど素人の私でもちゃんとできました☆
  • その前に画像の開き方について説明します。

    「画像の末尾がpsdの場合はPhotoshop用の画像ですが、
    末尾がjpeg、gif、pngのときはどうしたらいいのでしょう?」

     

    そのような時には、
    画像をPhotoshopのアプリの上にドラッグして持っていくだけで開けます。

     

  • では、おしゃれなセピア調を作ってみましょう。

    ① 画像をモノクロにする
    メニューバーのイメージ>色相・彩度で彩度を-100にする

    ② 画像全体の色味を変える
    メニューバーのイメージ>色調補正>カラーバランスで
    好きな色に調整する

    できました!

     

    このようにPhotoshopは何ステップか踏んで、元の画像をイメージ通りに近づけていくんですね。

    他にもこの写真では、ある色のマカロンだけ色を変えたり、ひとつのマカロンの色を変えたりしました。

    ワンクリックで自動的に同じ色のマカロンを選択できたり、Photoshopのすごさを感じることができましたよ♪

画像を合成してみよう!

  • 500円で学べるPhotoshop、すごく楽しかったです!!<br> ど素人の私でもちゃんとできました☆
  • 最後に画像の合成です!

     

    傘を持った人の画像を曇りの写真に合成していきます。

  • 500円で学べるPhotoshop、すごく楽しかったです!!<br> ど素人の私でもちゃんとできました☆
  • 人を切り取る
    ツールパレットのクイック選択ツール(上から4つ目)を選択
    →傘・服・足を順に選択していく。
    (この時、選択した場所と同じ色を自動で選択してくれます。)
    →レイヤーパレットで「レイヤーにする」をクリック
    →メニューバーで選択範囲>選択範囲の反転
    →deleteボタンをクリック
    →人だけが切り取られて残る

    画像の合成
    人を曇りの写真にドラッグして持って行く
    →optionを押しながら人物を選択して右にドラッグ
    →人物がコピーされる
    →shiftを押しながら画像の大きさを調整

     

    こんな画像が自分で作れるとは♪( ´▽`)

    この時ですが、一度小さくした画像はもう一度大きくすると画像が荒れてしまいます。
    つまり小さくした画像は二度と大きくできない、ということです。

    はじめに教わったポイントを思い出すと…
    『写真を加工して行く際は元の写真を保つ』でしたよね。

    なので画像を合成する際も元の画像を保っておき、
    コピーした画像の大きさを調整していくのがセオリーです。

    おぉ〜すごい!!!

さいごに

  • 500円で学べるPhotoshop、すごく楽しかったです!!<br> ど素人の私でもちゃんとできました☆
  • はじめてのPhotoshop、楽しくて約3時間があっという間でした。

    うまくできない時もKitano先生が一人一人を丁寧に教えて下さったので戸惑うことなく作業を進めることができました♪

     

    最後に先生と写真を☆

     

    Kitano先生、楽しい講座ありがとうございました!

    ぜひIllustratorの回も受講させて下さい(^^)♪

今回体験した講座についての問い合わせ先

体験した講座 Photoshop の回(1日完結コース)
講師 Kitano Tomo
受講料 5184円 (2時間50分)
定員数 10名
申し込み https://www.street-academy.com/myclass/2585

※2015年01月07日現在の情報です。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!