まなびに
行こう

  既存の枠から抜けよう!奇想天外な発想をビジネスモデルに変える!

既存の枠から抜けよう!
奇想天外な発想をビジネスモデルに変える!

2014年09月18日
  • こんにちは!体験レポーターのタカハシです♫
    今回は、小山 龍介先生が開催されている

  • 斬新なアイデアをビジネスの手法に変換するポイントは何だろう?と気になっていた私は、「”ビジネスアイデア”を競合や収益まで意識した”ビジネスモデル”に落とし込むには?」というフレーズに目が止まりました。

     

    会場は講座の主催であるストアカさんのオフィスがあるStartup Base Camp。

    ビジネス講座の堅苦しさを感じさせない、おしゃれーな会場です。

    受講者は私も合わせて30人。満員だったそうで、大勢の参加者に講座への期待が高まります♪

自己紹介

  • 講座は講師の小山さんの自己紹介からはじまりました。紳士で真面目そうな方です。

    自己紹介のあとは、早々に参加者にお題が!!!

    「皆さんはビジネス書を扱う出版社の社員です。書籍の売上がさがっているため、次の収益の柱となるような新規事業の企画を立てるよう指示を受けました。」

    「わあお!!」

    お題を受けて、「自分は出版社の新規事業担当者だ♪」という世界観に入り、ワクワクです!

新規事業を生み出すコツは3つのプロセス

  • IMG_2686
  • まずは、新規事業を生み出すコツは3つのプロセスにあるというレクチャーからです。

    ここで、能を習っているという小山先生から驚きの言葉が。

    なんと新規事業立ち上げのプロセスは、武道や伝統芸能で教えられている「守破離」の考え方と同じだそうです!

  • IMG_27193
  • 学生時代(今も学生ですが(笑))剣道、弓道と武道に打ち込んでいた私は、

    「守破離」の教えを聞いていたので、その心得がビジネスにも通じることに衝撃を受けました。

    レクチャーの後半からは、自分で考える実践も交わってきます。

    「ビジネスモデルキャンバス」で出版社のビジネスモデルを把握し、「バリュー・プロポジション・キャンバス」で顧客のニーズを掘り下げ、

    新規事業を何にするかを考える、アイデアの出発点を決めます。

    出発点を”顧客のニーズに応える”とすることで、奇想天外な発想でも帰納法的に実現可能で成功するビジネスモデルになるんだとか♪

  • IMG_2682
  • レクチャーのあとは、いよいよワークショップ。

    はじめは、それぞれが考えた顧客ニーズをグループ内で発表です。

    「スキルを得たい」「いい仕事について給料を上げたい」など、小山先生が挙げた例のおかげで、的確な意見がどんどん出ます!

    次に出版業界という枠を出て、アイデアを出し合います。

    先生は、「本当に何でもいいよ!」と言うのですが・・・。

    この意外な発想というのがなかなか浮かばず!

     

    どうしても、「ビジネス」「本」というキーワードが付き纏ってしまうのです(笑)

    レクチャーを聞いていたときは「簡単そうじゃん!」と思ったのですが、

    実際にやってみるとそうは行かず、自分が既存の枠に捕らわれていることに気づきました。

    それでも、時間いっぱいチームのみんなでアイデアを出し合います。

  • IMG_2680
  • 「ん〜。じゃあこれがいいかな!」と先生が選んだものは、

    「これはビジネスにならないよね!」と私たちが最初に思ったものだったので、チームみんなで拍子抜けです(笑)!

    それでも、最後は選んでもらったアイデアを妥当なところに落とし込みます。

     

    本当にビジネスとして成立するのでしょうか!?

    すると、途中で小山先生から新しい手法の紹介が!

    「サイエンス思考とアート思考の双方からのアプローチ」でアドバイスをいただきました!

    この手法のおかげでワークが捗り、「これできたら面白そうだね!」と楽しくなってきます♪

新しいビジネスモデルが生まれました

  • IMG_2698
  • 新規事業を立ち上げる3つのプロセスを学び、すでにお腹いっぱいですが・・・

     

    ここから新規事業をビジネスモデルとして成立させていきます!!

    スタート地点が確実で守破離の3つのプロセスを踏んだこと、そして小山先生からのアプローチのアドバイスがあって、

    奇想天外な発想から、新しいビジネスモデルが生まれました!

    そしてグループで考案したビジネスモデルを参加者全員の前で発表です〜!

    最後は、小山先生から振り返りと想定外のアイデアを出すコツのお話で2時間半にわたる講座が終了しました。

まとめ

  • 「斬新なアイデアをビジネスの手法に変換するポイントって何だろう〜?」と気になっていた私ですが、

    レクチャーとワークショップを通じて、

    発想力だけでなく、きちんとした手順を踏むことがイノベーションの近道であることを学びました。

     

    これから、日常の些細なことでもビジネスチャンスではないか!と目が光りそうです♪

    講師の小山先生、ありがとうございました!

今回体験した講座についての問い合わせ先

※2014年09月18日現在の情報です。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!