まなびに
行こう

  手振れなんて怖くない!マニュアルモードで写真が好きになる

手振れなんて怖くない!マニュアルモードで写真が好きになる

2017年03月24日
  • こんにちは!体験レポーターの宮田浩三郎です♫
    今回は、桑原 佐知先生が開催されている

  • 今回は前回に引き続きカメラ撮影の講座に参加してきたのでレポートします。受講したのは
    【ゼロからでも大丈夫!思い通りの写真が撮れるM(マニュアル)撮影】
    写真をマニュアルモードで撮影する為の講座です。
    「マニュアルモード」とはカメラの設定を全てカメラ任せ(オート)にせず、
    手動(マニュアル)撮影するモードのことです。

受講したきっかけ

  • IMG_9160
  • スマホやコンパクトデジカメだとシーン別のモードがありますよね?

    (夜景モードやペットモード、美白モード等)

     

    同様に一眼レフカメラでもシーン別モードやPモード(完全オート)等、色んなモードがあります。自分の撮影するシチュエーションに合わせたモードにして撮影すれば失敗は無いのですが面白味のかける写真になります。

     

    僕自身、撮った写真を見返し、初心者っぽいなと感じ始めてから最初は構図ばかりを気にしていました。

     

    そんな中、ストロボの講座を受けた際にマニュアルモードでカメラの設定を変え、撮影したので構図よりも自分が写真をどういう風に撮りたいと言うイメージをもち、そのイメージに近づける事が重要だと学び、その為にはマニュアルモードを理解し使いこなせる事が必要だと思い始めたのです。

     

    そんなタイミングに丁度ピッタリの講座が開催されていたので参加する事にしました!

会場は二子玉川!先生は明るくアクティブな方でした。

  • 20170305-IMG_9000
  • 3月5日日曜日の午前

     

    気温も暖かく天候にも恵まれ絶好の撮影日和の中、二子玉川駅近辺で行われました。

    先生は会場である二子玉川が地元で、僕が想像していたよりも若く明るくアクティブな方でした。

    講座はまずは座学から駅近くのカフェでスタート!

     

    開始前に先生手作りのマニュアルと名刺が配られましたが

    クリアファイルとメモ用にボールペンもついているという心配り。

    (実は当日ボールペンを持って行くのを忘れたのでとても助かりました)

     

    続いて参加者全員が自己紹介とカメラで困っている事を話しました。

    参加者は5名(男性は3名女性2名)

    僕と同様にマニュアルモードでの撮影に必要性を感じながら具体的な方法がまだ分からないと言った感じでした。

図と例えを交えたわかりやすい説明でした!

  • 20170305-IMG_8984
  • 次に先生からマニュアルモード撮影の基本とポイントについてシンプルに的を絞って説明がありました。

     

    そんな説明の中で構図は今回の講座では教えないと言う箇所がありました。

    必要が無いからという理由からでした。

     

    その事は僕が思っていたまずはイメージに近づける事が重要でありそれは

    マニュアルモードを使える様になる事で自然と構図も決まっていき実現に近づくと思っていた事と一致し自分のアプローチ方法は正しい方向なのかな?と少しホッとした部分でした。

     

    その他の内容もシンプルながら図解入りで例えも入れた説明もあり

    設定の順番、基本の数値等具体的な目安が分かった事で

    知識としては理解していたもの手順など、ぼやけていたものが数値によってはっきりと理解出来ました。

モデルは撮影者自身!

  • IMG_9015
  • 次は屋外に出ての実践です!

    近くの公園に移動してのマニュアルモード撮影

    公園内にはちょっとした庭園と屋敷や池、丘があり様々なシチュエーションでの撮影が出来る格好の撮影スポットでした。

     

    人物ポートレート撮影の実習ですが今回はカメラマンも交代でモデルを兼ねます。

     

    時間の関係上、全員で一度にモデルを撮影する必要もあったのですが

    そこでは先生がモデルになり、ある時は動いてくれながら動体撮影のコツの説明があったり、ポーズをつけつつ説明をしたり参加者の質問に答えたりとアクティブに動いて大変そうでした。

     

    オートモードだとカメラが設定を自動で変えてくれるので気にした事がありませんでしたがマニュアルモードで撮影すると次は違う位置から取ってみようとか角度を変えてみようとすると太陽に対する撮影者の位置が変わるので

    光の強さや入ってくる方向が変わりそのままの設定で撮影すると写真が明るくなりすぎたり暗くなったりします。その度に手動で設定をいじる必要があります。1枚撮影しては設定を変更し又撮影しては設定を変え動いてとなかなか

    忙しいのですがそれが面倒では無くとても楽しいのです。

思い描く写真が撮れるようになってきました。

  • IMG_9024
  • 僕自身はレポート用の写真を撮影するという目的もあったので

    自然とモデル(撮影対象)は先生や他の参加者になった訳ですが

    それが今回の自分の作品にもなりました。

     

    もちろん他の参加者の方と同じ課題で撮影した写真もありますがそれも含め

    今回はレポート用の写真もすべてマニュアルモードで撮影しています。

     

    これまで撮影した写真は絞り優先モードかシャッタースピード優先モード

    で撮影し暗い写真や色味が気に入らない写真はパソコンに取りこんだ後に

    ソフトで明るさ等を補正していました。

     

    ところが今回はいつもの様にパソコンに取りこんだ画像を見ると補正無しでも

    気に入った色味が出ている写真がほとんどでした。

     

    その事が何よりも嬉しく自分の思う様に写真が撮れた時の喜びが写真の楽しさ
    なんだと実感する事が出来た事が今回の一番の収穫だったと思います。

今回体験した講座についての問い合わせ先

※2017年03月24日現在の情報です。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!