おしえる
STORY

  記憶術は人生を豊かにする技術 おしえることで多くの人へハッピーを届けたい

記憶術は人生を豊かにする技術 おしえることで多くの人へハッピーを届けたい 記憶術講師|Shinichi Miyachi

  • 「全人口の上位2%の高IQ(知能指数)を持つ人」に入会が許される、国際グループ・MENSA(メンサ)。その会員でもある宮地真一さんは、約1年前にストアカで記憶術講座を開講。福岡を拠点にエリアを広げ、またたく間に全国区で活躍する人気講師となりました。

    幼い頃から驚異的な記憶力があったという宮地さん。40歳を過ぎてから、なぜ「おしえる」ことになったのでしょうか。詳しくお話を伺いました。

子どもの頃からずば抜けていた記憶力 さらに上を行く母と姉に劣等感!?

  • 「周りの人よりも記憶力が優れている」とご自身で気づいたのはいつ頃でしたか

    はっきりと認識したのは、小学生の頃でしょうか。4年生の時、「上級生が円周率100桁を覚えた」という話を聞き、僕もできるよ、と数字100桁を5分で覚えてみせたことがありました。先生やクラスメートたちの驚いた顔は今でも忘れられません。トランプの神経衰弱ゲームもよくやりましたが、相手が5人でかかってきても、常に勝つような子どもでしたね。

  • すごい!きっと学校の勉強も苦にならなかったでしょうね

    そうですね。特にノートを取らなくても、すっと覚えることができたので、授業中はニコニコしていました。先生からすると、すごく嫌な教え子だったと思います(笑)

    一方で、家に帰ると、自分よりももっと記憶力のよい母と姉がいたので、常に劣等感を持っていました。

  • IQの高いご家族なのですね!

    記憶力のいい母親ほど手ごわいものはないですね(笑)
    テストの点数、時間割などすべてを覚えているので、例えば、水泳の授業をさぼったりしたら、すぐに勘づかれてしまったり。
    このような家庭環境が影響してか「自分は記憶力がいいから、友達より上だ」と思ったことはほとんどなかったです。勉強よりも友達付き合いを大切にしていました。

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

卓球、ボクシング、カーレース・・・常識に縛られず、好きなことにとことん打ち込む

  • 勉強以外に、記憶力が生かされた場面はありましたか

    中学では卓球、高校ではボクシングに打ち込んでいたのですが、相手の癖や動きを記憶できるという点では、とても有利だったと思いますね。

    プロのカーレーサーを目指していた時も、運転技術を学ぶ上で記憶力は生かされました。著名なF1レーサーを多数輩出したフランスの名門学校に短期留学しましたが、ミスをすることなく、無事に卒業できました。

  • カーレーサーを目指していたのですね! その選択肢がある環境に、とてつもない自由さを感じます

    昔から、常識に縛られることが大嫌いで、思い立ったらすぐに行動へと移してきました。やりたいことを見つけたら、その実現のために突き進む性格です。

    例えば、カーレーサーになるための資金づくりをしなければならなかった時には「運転ができて、資金が貯めやすい仕事=大手運送会社のドライバーだ」と思い、すぐに入社しました。結局、運送会社の仕事が忙しくなってしまって、カーレーサーになる夢はあきらめてしまいましたが。

  • 運送会社の仕事でも、記憶力が発揮できそうですね

    配送伝票に、何百となる全国の営業所番号、2~4桁を書き込む欄があるのですが、それをすべて記憶していました。都度、端末で調べることなく、さっと書き込めたのでかなり時短になりましたね。複雑な地図や膨大な取引先担当者の名前、特徴が1回で覚えられたのも、効率的だったと思います。

配送会社に勤務 2度の骨折が、働き方をシフトするきっかけに

  • 運送会社には何年いらっしゃったのですか

    7年ほど在籍していました。何かときつい仕事でしたが、楽しい毎日でした。しかし、業務中に2回骨折、入院をしてから、肉体労働を続けていくことに限界を感じ、退職を決意しました。

    次に何をしようかと考えた時、浮かんできたのは、自分の記憶術を「おしえる」ことでした。

  • それまで、人におしえる機会はあったのですか

    ずっと昔、子どもの頃に友達と“おしえ合い”をしたことが、原体験となりました。相手は勉強が苦手な子。普段、僕は少しだけ彼を侮っていました。

    ある日、水泳が苦手だった僕に、彼が泳ぎ方をおしえてくれたんです。そうしたら、パッと泳げるようになった。そのおしえ方には圧巻でした。

    後日、お礼に“記憶をするコツ”をおしえてあげました。それが生まれてはじめておしえた経験でしたね。

  • お互いに、自分のスキルをシェアしたのですね

    この体験を通じて、おしえる楽しさを知ることができましたし、「人は自分よりも優れた点が必ずある」ことも分かりました。
    それ以後、出会いがあるたびに“人のいいところ探し”をするようになりました。人の優れた点を自分自身にどんどん吸収できたら、こんなにいいことはないですよね。

記憶術へのハードルを低くしたい 信頼獲得のため、ギネス世界記録®を樹立

  • おしえると決めてから、はじめにやったことは何でしたか

    2つあります。1つめは自分の記憶術を体系化すること。それまで日常的にやってきたことだったので、言語化したことはなかったですし「IQの高いメンサ会員が、普通の人にも分かる言葉で説明できるの?」という不安の声は想定済みでした。

    2つめは、ギネス世界記録®の樹立ですね。「記憶術ってなんとなく怪しそう」というイメージを払しょくし、信頼を獲得するために挑戦しました。すでにある記録を塗り替えるのではなく、オリジナルの記録にしたら、よりインパクトが持たせられるだろうと企画から考えました。

    ストアカも「多くの人に安心して受講してもらいたい」という気持ちから登録しました。受講者からの口コミが見られる透明性が、信頼感につなげられたと実感しています。

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 韓流ドラマ『雪の女王』の1シーンにヒントを得て、「オセロ盤複数完全記憶」でギネス世界記録®を樹立

  • 実際におしえるようになって、自分自身に変化はありましたか

    体調管理に気をつけるようになりました。特に講座前日は適度な睡眠を心がけています。みなさんは受講するために、お金を出して、時間を作って来てくださいます。万全の体制で講座にのぞみ、みなさんの悩みと真剣に向き合いたい――それまでは寝る間を惜しんで、好奇心の赴くままに活動していましたが、ここに来て、一気に責任感が強くなりましたね。

  • 講座はどんな方が受講されていますか

    10代から70代まで様々ですね。資格を取りたい人、もの忘れに悩む人、昇進したい人……「もっと多くの情報を記憶したい」と、医師や弁護士の方が来ることもあります。子どもに教えたいからという親御さんも増えています。

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 講座のはじめに毎回行っている「ランダムなら50桁前後の数字を記憶する」実演を、今回の取材でも特別に披露

多くの人に“楽しみながら、記憶力をUPできる”体験をしてほしい

  • 講座で一番大切にしていることは何ですか

    講座終了時に「自分の記憶力が上がった」と一人ひとりに実感してもらうことを目標に、内容を組み立てています。

    それには講座を楽しんでもらうことが第一。僕から一方的にばーっと説明するのではなく、一つのテーブルを全員で囲む対話形式にしているのもそのためです。それぞれの悩みを共有しながら、じっくり記憶術を学んでもらっています。

  • 記憶をすることは「我慢して無理やり覚えるもの」ではないのですね

    そうです。多くの方は「記憶する作業は苦痛」と感じていますが、それだと当然、なかなか覚える事はできません。記憶のコツを知れば「記憶する作業を楽しむ」事ができる様になります。そうすると、記憶対象を短時間で強く長く記憶できる様になるので、更に記憶するのが楽しくなります。

    僕はこれを、“記憶の好循環”と呼んでいます。

  • 最後に、今後の展望についてお聞かせください

    記憶術は人生を豊かにする技術です。「おしえる」を通じて、もっと多くの人にこの技術を身につけてもらい、ハッピーの輪を全国に広げていきたいです。そして、『記憶するのは楽しいこと!』を、記憶に悩む多くの方々に知って頂きたいですね。

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • 宮地さん、素敵なSTORYをありがとうございました!

     

    編集後記:「高IQの天才」へのインタビューということで、かなり緊張して当日にのぞみましたが、取材場所に現れた宮地さんは物腰が柔らかく、口調も穏やか。想像とは真逆の方でした。“人のいいところ探しをする”というお話も非常に印象的。ポジティブな思考で生きる大切さを学ばせていただきました。次回の東京での講座にはぜひとも足を運び、楽しみながら記憶術を身につけたいです。


  • 先生のプロフィール

    宮地 真一

    宮地 真一さん(Shinichi Miyachi)

    ★ メンサ会員 & ギネス世界記録樹立者:シンが教える記憶術( 記憶力向上レッスン )。

    「 あぁ。記憶力が良かったら あんな事やこんな事ができるのになぁ... 」
    そんな想像したこと、ありませんか?

    “ 記憶力を上げるコツ ” は、確実に存在します。

    長い年月をかけ、自ら実証し、体系づけた
    「 物事を記憶する秘訣 」 を懇切丁寧にお教えします。

先生の教えている講座

※2018年10月19日現在の情報です。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!