おしえる
STORY

  ヨガで伝える〝癒し〟の力

ヨガで伝える〝癒し〟の力 ヨガインストラクター|Rika Tanaka

  • 1_1
  • 今回のインタビューは、先日開催されたストリートアカデミーのヨガイベント【超〜カンタン!ヨガと快眠術ではじめるセルフメンテナンス】でも、講師としてご出演いただいたヨガインストラクターの田中梨香さんです。

    田中さんは会社員としてお仕事をされながら、教える活動を精力的に行っています。なぜ、そういったライフスタイルを選択されたのか、その背景にある想いやきっかけなどを伺いました。

  • こんにちは!本日は宜しくお願い致します。まずは、現在のお仕事、ご活動について教えて下さい。

    平日は会社員として建設コンサルタントのアシスタント業務を、休日はヨガインストラクターとしてレッスンを行っています。レッスンは東京近郊のスタジオで、平日に1レッスン、土曜に1〜2レッスン、日曜に1レッスンの合計3,4レッスンほど開催しています。現在、ヨガの活動は過渡期に入っており、1月以降はさらにもう1レッスン増える予定です。その他に、ヨガのイベントにお声掛けいただき、レッスンを行うこともあります。

  • 会社員と講師、2つの顔を持つ多忙な日々をお送りだと思うのですが、レッスンの準備などはどんな時間にされていますか?

    平日の夜と休日の空いている時間にテキストの作成やレッスンの準備を行っています。ヨガインストラクターの活動を精力的にしたいので、平日の仕事は自分の時間を比較的フレキシブルに確保しやすい派遣社員として働くスタイルを選択しています。最近は忙しいので週に一回程度ですが、ヨガインストラクターとしての活動を始めてからも定期的にヨガのレッスンに通って勉強しています。そういった場で他のヨガ講師の方から、テクニックや安定感、迫力などを実際に感じて学び、刺激を得ています。プライベートな時間を得るのは、現在のところ難しくて…。これは今後の課題ですね。けれど、特に無理をしている感覚はありません。どちらの活動も不思議と自分にしっくりときていて、天性の職業だったのではないか、と考えています。

社会人になって見つけた〝本当に自分がやりたいこと〟

  • IMG_1438_m
  • ヨガを始めるきっかけとは、なんだったのでしょうか?

    ヨガは会社を辞めてカナダ留学をした際、近くの公民館で安く利用できるレッスンがあったため、ダイエットも兼ねて始めました。実は、カナダ留学の直前に日本でもレッスンに行ったことがあったのですが、その時に「こんな気持ちの良い世界があるんだ!」と大きな衝撃を受けたことを今でも覚えています。でも、その時は趣味にしようとか、ましてや先生になろうとか、そういったことは考えていませんでした。ただ、その時感じたことが何か引っかかりになってカナダでも始めたのかもしれません。

  • カナダ留学は、社会人5年目を迎えたとき、通訳案内士になるため、語学(英語)の勉強を目的に決意したのが最初のきっかけでした。私は社会人になってからも、仕事をしながらやりたいことを模索していました。大学在学中は、現在の平日の仕事に繋がる都市計画に関する勉強をしていたのですが、実は在学中に、本当にやりたかったのは建築デザインでした。そのため、建築デザインの大学院に進学もしました。そのように考え続けるうちに、やりたいことの根源に、心から発される「気持ちが良い、なんだか楽しい」という想いを形にしたい、また、言葉ではなくもっと感覚で人に何かを伝えたい、という自分の想いがあることに気が付きました。そしてヨガに出会ったことで、最終的に自分のやりたいことが〝癒し〟にすべて繋がっている、〝癒し〟が自身の根源的テーマとしてあることがわかったんです。

  • IMG_1344_m
  • 確かに振り返ってみると、建築デザインでも、〝癒し〟を形で伝えることがしたかったんです。例えば、国際フォーラムの空港のような気持ちの良い空間に高揚感を感じてこんな建築を作りたいと思ったり、ある街並を眺めながらもっとこんな風だったらみんなが気持ち良く過ごせるな、とずっと考えていました。

    ヨガインストラクターがまさに自分の天職だ、と感じることができたとき、ずっと探していた何かがようやく見つかった気がして、そのときすごく楽になりました。社会人になってから悶々と過ごしていた期間が長かった分、自分にとってはかなりインパクトのある出来事で、間違いなく自身のターニングポイントになりましたね。そして、日本でヨガインストラクターになる決意をし、留学から帰国後すぐに養成講座へ通い、ヨガインストラクターとしての活動をスタートしました。

  • 建築コンサルタントのお仕事も継続してらっしゃいますが、ヨガインストラクターの活動一本に絞ろうと考えたことはありますか?

    あります。そう考えて、スタジオ専任のインストラクターになるオーディションを受けたこともありました。結局それは落選してしまいましたが、面白いことに、その時になぜか心の底からホッとした自分も正直いました。実は建築コンサルタントの仕事も好きだったから。それで、ひとまず両方続けてみようと思いました。

  • ヨガで伝える〝癒し〟の力
  • ヨガの魅力とは一体なんでしょうか?

    ヨガは、セルフメンテナンスで自分を心と体も良い状態に保つことができ、マット一つで〝癒し〟を得ることができます。また、自分の限界も感じることができ、自分自身と向き合うことができます。自分としては、数多くあるヨガの種類の中でも、アシュタンガヨガが自分に合っていると感じています。アシュタンガヨガはパワーヨガの前進ともなった運動量の多いヨガですが、呼吸と動きにフォーカスし自分自身とも充実した対話のできる魅力的なヨガです。

教えることで〝癒し〟を伝える

  • IMG_1355_m
  • 2013年12月14日に開催された【ヨガ+アロマジェル作り体験】を実際に見学させて頂きました!
    休日にお洒落なシェアハウスでヨガの後にアロマのスキルも学べる贅沢な講座内容

  • では、初めてのレッスンはどんな体験でしたか?

    ヨガインストラクターの養成講座の中で、実際にレッスンを行う最終ステップがあります。それで、友人二人に参加してもらい開催したのが初めてのレッスンです。人が学ぶ喜びを生徒さんからダイレクトに感じることができ、その価値や「教えるって楽しい!」と教える魅力を知る体験になりました。特に、ダイレクトに伝えることができるというのはこれまでにはない、とても新鮮な感覚で嬉しかったですね。また、教えることは、自分でも誰かに学びを共有できるという自分の自信にも繋がりました。社会の中では、自分が誰かの役割となっていると感じることはなかなか難しいと思うのですが、教えるという行為はそれをダイレクトに感じることができる。もちろん、初めてのレッスンはとても緊張しましたね(笑)。プログラムも時間の隙間無くガチガチに組んで挑みました。

  • レッスン中に気を付けていることはありますか?

    「相手を知ること」をとても重要視しています。レッスン中は、生徒さんがどんなレベルで何を望んでいるのか、を敏感に察知するように心掛けています。レッスン内容は事前に決めて準備もしているのですが、レッスン中に生徒さんからもっとポーズをとりたい、動きたい、という雰囲気があれば、説明を短めに抑えたり、内容の重点を変えたりするようにして柔軟に対応しています。

  • ヨガで生徒さんに伝えたい〝癒し〟とはなんですか?

    ヨガは、健康維持にも効果的ですが、体よりも心へ良い影響を与える意味のほうが強いように感じます。私自身、それに助けられてきました。ヨガを通じて自分の心と体に向き合い、自分の限界や現在の調子をきちんと把握する。自分を癒しながら、集中力や直感力、動じない心を得て、心と体の軸をしっかり作って欲しいと思っています。また、御自身の生活の中の一部として、ヨガを取り入れてほしいと考えています。そして、継続していくことが何よりも大事ですので、この重要性もしっかり伝えていきたいです。

  • 田中さんはアロマテラピーの資格もお持ちですよね。ヨガとアロマを組み合わせた講座も開催されていますが、アロマテラピーの資格はそういった講座の開催を想定して取得されたのですか?

    想定もしていましたし、自分でも興味があったので取得しました。香りは痛みよりも速く脳に伝わると言われています。ヨガとアロマの相乗効果でより良い癒しを得ることができます。その他に、私自身がセルフメンテナンスというものに惹かれていることも関係しているのだと思います。アロマがあれば、お肌のケアもお掃除も風邪予防もなんでも自分でできちゃうんですよね(笑)。

  • 3_2
  • ヨガ中の集中した雰囲気から一転。みんなでワイワイお話しをしながらするアロマジェル作りは、スキルだけではなく、人と人との交流を深める素敵な時間でした

     

難しいのは第三者へのアプローチ、そこから得られる大きな一歩

  • ヨガの講座にはどんな生徒さんが多く参加していますか?

    私は現在のところ、5つのスタジオを拠点にレッスンを開催しています。渋谷・六本木・目黒・田町・埼玉、生徒さんの特徴は、場所により異なりますね。渋谷は男性の生徒さんが多く、埼玉はスタジオの近所に住む生徒さんが大半。けれど、一貫して感じるのは自分の考えをしっかり持っている方や、独立志向の方が多いことですかね。やはりセルフメンテナンスに興味や関心を持っている層の方々に多く参加して頂いてる印象を受けます。

  • ストリートアカデミーの中でも色んな方がヨガの講座を開いています。どのように差別化を図っていますか?田中さんのレッスンの特徴を教えて下さい。

    ヨガの内容的には、瞑想に特化している点です。ヨガを行った後、5分間の瞑想を意識的に入れて、自分の心と体に向き合う時間を設けています。また、先ほどのお話にでてきたヨガとアロマを組み合わせた取り組みもそうですね。生徒さんからのリクエストやご意見なども取り入れながら、講座をつくっています。

  • レッスン開催にあたり、何か困ったことや難しかったことはありますか?

    集客は難題でした。ブログを書いたりチラシを配ったりはしていましたが、始めたばかりの頃のレッスンには友人や同僚、友人の友人などが参加者の大半を占め、第三者の参加者へはなかなかうまくアプローチができませんでした。全く知らない人に何かを教わる、というのはハードルが高いですよね。ブログやチラシにしても、レッスンを受けたいと思ったら話したこともない講師へ直接連絡をしなければなりません。そこで当時、まだサービスをスタートしたばかりのストリートアカデミーの存在を知り、利用させて頂きました。ストリートアカデミーは、顔が見えるコミュニティが良い点だと感じています。安心して一般の方が講師と繋がることができる。それに、講師側もサイトを通すことでレッスンをきちんと商品として第三者へ提供することができます。責任もきちんと感じることができて、趣味から一歩踏み出したレッスンを開催することができました。友人関係とはまた異なる、一般の方からいただくフィードバックや批判から得られるもの・感じるものはとても大きく、自己の成長に繋がります。大きな一歩を踏み出す場として、ストリートアカデミーは絶好の舞台であると思いますね。

  • 今後はどのような活動に力を入れたいですか?

    今後は起業を目標としています。まだ構想段階ですが、一人ではヨガを広める力も限度がありますので、たとえばヨガインストラクターを企業やコワーキングスペースなどに派遣する形態や何かコミュニティに特化したことができれば、と考えています。

    あと、もっとたくさんの男性の方にも来てもらいたいと思っています。女性の輪の中に男性が入りにくい気持ちはわかります(笑)。しかし普段仕事で忙しかったり、感覚よりも思考先行型の男性にはむしろ女性よりヨガや瞑想が必要だと感じています。ヨガの魅力を男女問わず伝えていきたいです。

  • IMG_1429
  • 「良いものは人に伝えたいですよね!」と笑顔で語って下さった田中さん。素敵な時間とお話しをありがとうございました!


  • 先生のプロフィール

    田中 梨香

    田中 梨香さん(Rika Tanaka)

    米国ヨガアライアンス認定[RYT200]TT修了
    アロマテラピー検定1級

    ヨガで大切にしていることは“体”と“心”の軸づくり。コアの筋肉を鍛えることで“疲れにくい”体づくり、自分と向き合うことで“ありのままを感じる”心づくりを目指しています。

先生の教えている講座

※2014年01月13日現在の情報です。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!