おしえる
STORY

  福岡発、写真を愛するコミュニティが生まれる講座!

福岡発、写真を愛するコミュニティが生まれる講座! Happy Photograph|Yusuke Shiki

  • クールでスタイリッシュな容姿、飾らない人柄、確かな技術、そして楽しくわかりやすい講座内容。納得の理由で大人気講師となった、カメラマン・志岐裕介さん。志岐さんの撮る写真は独創的で、かつ対象物への愛で溢れています。

    その愛は講座にも注がれ、講座後には、新しいコミュニティも生まれるほどの盛り上がりを見せています。そんな志岐さんがカメラを始めたきっかけから、さらに活躍を続ける講師生活までお話を伺いました。

必要に迫られてはじめたカメラ

  • まずはじめに、カメラとの出会いから教えてください

     

    もともと絵を描くのが好きで、アートの世界に入りたかったんです。絵の道は厳しかったけれど、広告会社でデザインの仕事に就くことができました。
    その会社ではデザインや編集(ライティング)をしていたのですが、会社の事情で自分で撮影することも勧められたんです。制作も取材もするから、たしかに写真も撮れたらいいよな、くらいの気持ちでカメラをはじめたのにも関わらず、気がつけばすっかりカメラの虜になっていました(笑)。ちょうど結婚した2011年に、カメラマンとして独立しました。

  • 41404850_2017-07-28_10-08-57_DSC_0029
  • デザインの知識があることは、写真を撮ることに有利ですか?

     

    そう思います。撮った写真にどんなコピーを載せたいのか、などクライアント側の要望がわかるので話が早いと思います。この写真はなんの媒体で、どういう目的で使用されるかを考えながら撮影に挑みます。

    例えば病院の先生の写真を撮る時も、地域の人に発信するなら、自然光で自然な笑顔を。学会で使用するならスタジオでかっちり撮る、とクライアントに提案がしやすいです。今でも、デザイン業を含めた撮影の仕事を受けることが多いのが、他のカメラマンとの違いかもしれません。

  • どんな写真がお好きですか?

     

    もちろん仕事として撮る写真は、クライアントがどうしたいか、要望に合わせたアプローチに徹します。どんな撮影も好きですが、とくに人物撮影は得意だし、好きです。

    ただ自分の作品として、自分の会社のホームページを含め発信するものを撮る場合は、アーティスティックにやりたいと思っています。ちなみに6photoのホームページを飾る写真は、日本をよく知らない外人さんが見た日本観というテーマです。そういう世界、好きなんです!

  • image1
  • アーティスティックな世界観は、志岐さんのファッションセンスにも現れていますね

     

    流行は興味ないのですが、自分の好きな格好を、いつもきちんとしたいと思っています。カメラマンはたくさんいるので埋もれないようにしたいし、好きな格好をすることで、仕事に対する説得力も生まれるのかなとも思っています。

ママさんたちの要望で講座スタート

  • 講師になった経緯は?

     

    カメラマンとして独立して数年活動した頃、仕事を通じて知り合ったママさんたちから「子供の写真をうまく撮れないから、カメラを教えて!」と声をかけられたのがはじまりです。

    出産を機に高いカメラを購入しても、それどころではなく、3歳ごろまでカメラを使いこなせないまま放置。その後、撮影しようと思っても十分に機能を発揮させられない上、マニュアルもない。結果カメラが迷子のまま.・・・という人が多いと聞きました。自分にも子供がいるので、その気持ちはよくわかります。 

    その時は、集まった10人のママさんたちに全4回の講座で、子供の写真を撮る方法を教えました。

  • 41404877_2017-07-28_10-10-20_DSC_0016
  • それが講師のスタートですね?

     

    生徒さんから、別のカメラ教室に行ったけれど、写真展を目指すような本気の人ばかりでちんぷんかんぷんだった、という話も聞きました。カジュアルだった自分の講座が評判になり、ストアカ福岡が立ち上がる際、「講師になりませんか?」と誘っていただきました。

    はじめはママさん中心の講座でしたが、気がついたら男性も増え、年齢層もグンと広がりました。

  • 教えてみていかがでしたか?

     

    人の前で喋るってこんなに大変なんだ!と思いました。ただ、編集の仕事をしていたので、ヒアリングには慣れていたことが助けになりました。

    数名を対象にした講座の場合は、どういうことがわからないかを聞いて、それに答える感じで、前に立って説明するというよりは、対面形式でじっくりやっています。

  • 講座の時に、習いたいことを聞いてもらえるのですね?

     

    初心者対象の講座を開催していますが、初心者にも、全くの初心者からなんとなく使える初心者までいろいろあります。皆の前で「カメラとは!」と話しても、わかっている人にはつまらないでしょう?だから「何を習いたいですか?」「何がわかりませんか?」と聞いて、それぞれがわからないことに答えていくようにしています。

    1度、生徒さんが男性だけだったことがあって「みなさん、本当に撮りたいものぶっちゃけましょう!」って盛り上がったこともありました(笑)。もちろん要望次第で、一般的な大人数対象の講義形式も行っています。

ダメな写真なんてありません。子供の半目も大成功!

  • image2
  • 全体的に講座内容がユニークですね

     

    自分がやりたいな、という内容にしています。

    動物園に行きたいと思ったから、「動物園で写真撮る」という講座を開催したのですが、とっても評判が良かったです!

    写真が好きな人って、色んな場所で撮影していて、気づいたら1人に!ということがよくあります(笑)動物園で写真を撮る講座も、一つの檻の前で15分ひたすら写真を撮っていて、全然前に進まないこともありました。しかしそれが特別なことではなく、誰もがそうなので、気兼ねがなくて楽しい。結局講座が終わり自分が帰った後も、生徒さん達だけで閉園まで残って写真を撮りまくっていたようです。

     

  • 6PH_2361
  • それは先生も楽しそうですね!

     

    まずは自分が楽しくないといけないと思っています。モットーは「Happy Photograph 」。

    写真を撮ることも、教えることも楽しくやりたい。自分が楽しんでないとそれが伝わってしまうし、皆も楽しくやれないと思っています。だからというわけではないですが、ダメ出しはしません。ブレていたりピントが合っていなければ、改善法は伝えますが、仕事の写真でない限り、正解がないのでダメなはずがないと思ってます。子供の写真の目が半目になっても、それはそれで大成功(笑)。笑顔じゃない写真を撮りたいと思うのも、大事な感覚だと思います。

  • 講座の雰囲気作りはどうしていますか?

     

    毎回必ず笑いを挟みたいと思っています!何回笑いを取れるかな?って。

    皆真剣になればなるほど無言で黙々とメモをとっているけれど、そんなことより、まずは楽しもうよ!と。真剣にやると、頭に入ってはくるけれど案外忘れてしまうことも多いです。むしろ「よくわからなかったけど、面白かったね」という方が残るものです。

    ネットで色々な情報があるのに、わざわざ講座に来てくれたからには、楽しんで欲しいし、講座でしか掴めない新しい知識を得て帰ってほしい。

    そして何より人と人のつながりを大切にしたいと思っています。その延長で、講座を受けてくれた生徒さんのコミュニティをFacebookで作っています。

  • 41404909_2017-07-28_10-11-25_P7250014

講座から生まれたコミュニティ

  • コミュニティを作ったのですか?

     

    動物園の講座を受けてくれた生徒さんは、のちにそのメンバーで日帰りフォト旅行に行ったそうです。そういうつながりが生まれるのが、とてもいいなと思いました。

    知らない人同士だけど、写真という共通の趣味がある。コミュニティを作って、例えば僕が「石垣島は写真撮るのにキレイですよ」と発信したら、写真を撮りに行ってみようかな?と誰かが思ってくれるかもしれない。

    はじめは子供の写真を可愛く撮りたいと思っていても、それが上手になったら次の可能性を拡げてくれたらと思っています。そのコミュニティから新しいコミュニティがまたできて、写真愛好家が増える。そのことが講座をする1番のやりがいになっています。また、結果福岡の写真業界の底上げができたらいいなと思います。

  • 41404911_2017-07-28_10-12-15_DSC_0058
  • カメラから色々なことが生まれるのですね

     

    僕は、カメラはコミュニケーションツールだと思っています。たくさんの言葉で語るより、1枚の写真は多くのことを語ります。口下手な人でも、写真があれば想いを語れる。

    僕自身、仕事としてカメラマンを続けられるかはわからなくても、写真を撮ることは一生続けているでしょうね。

     

  • 編集後記:

    ドクロ柄のアロハシャツで颯爽と現れた志岐先生。イケメンぶりにも驚きましたが、それ以上に気さくで、フレンドリーな対応に、この先生にカメラ習ったらすごく楽しいだろうなぁと講座に申し込みたくなりました。デジカメしか持っていなくても参加できるとのことだったので、次の機会にぜひ受講したいと思います!


  • 先生のプロフィール

    志岐裕介

    志岐裕介 さん(Yusuke Shiki)

    6Photo(シックスフォト)代表
    デザイナーとして実績を積んだ後、カメラマンへ転身。幅広い知識と経験から、広告戦略のアドバイスもできる人気カメラマンとして、福岡を拠点に活躍中。様々な撮影を行うと同時に、2015年より写真の講師としても活動を開始。専門用語をできるだけ使わずに、簡単に、何より楽しくカメラを学べる講座を展開し、少人数での丁寧な指導と親しみやすさで、受講生の満足度も高い。

先生の教えている講座

※2017年09月08日現在の情報です。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!