おしえる
STORY

  好きを仕事に、自分らしく!

好きを仕事に、自分らしく! フランス食文化研究家|Hatsumi Gotoh

  • フランス”と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか? ”高級”、”マナー作法”、”芸術的”など、アメリカやアジアに比べると近寄り難い印象を持たれる方も多いのではないでしょうか?

    そんな方にフランスの魅力をもっと気軽に楽しく知ってもらおうという思いで仕事に取り組まれている後藤初美さんを取材して来ました。無類のフランス好きが高じて、現在杉並区のご自宅で、フランス料理、お菓子、チーズ、そしてフランス語までも学べるお料理教室を開いています。1人でも多くの人々にフランスの魅力を知ってもらおうと、趣味で始めた教室から今やTVにも出演されるなど料理家として大活躍されている後藤さんに、お教室を本格的に運営するまでに至った経緯と背景にある想いについて伺ってきました。

  • 395d90cf632cd8ebf45e5800aaa64dfd
  • ※後藤さんの自宅教室の様子

食も文化も語学も楽しめる教室

  • 料理もお菓子もフランス語も学べるレッスンをされているとお聞きしましたが、どういった教室なのでしょうか?

    はい、「ル・プティ・フール」という教室を主宰しているのですが「家族、自分のために美味しいお料理、お菓子を作ってみよう」というのがコンセプトで、お高いイメージのフランス料理を誰でも家庭で
    気軽に作って食べれるようになればいいなと思いながら教えています。

    実はフランス料理ってちょっとした工夫で惣菜みたいな感覚で簡単に作れちゃうんですよ。あとはお菓子作りも行なっています。安心安全な材料を使う事、良い材料をケチらずに作る事が大切で、お菓子のお持ち帰りを目的に来られる方もいます。

  • フランス語も一緒に教えられているんですよね?

    はい、料理やお菓子づくりを通してそれを切り口とするフランス語を一緒に教えています。
    実は多くの人にとってフランス旅行で一番困ることは「食べること」なんです。多くの方のヒアリングから見えてきたことですが、言葉が通じない、文字が読めないなどの理由でせっかくのお料理を楽しめないってもったいないですよね? なので教室では健康、料理、マナーにちなんだフランス語は
    もちろん、意外なエチケットやトリビアを交えみんなで楽しみながら料理を作り、召し上がっています。

  • cdfe5b2e0b5c419a93e880d5ebe49401
  • なるほど、確かに料理しながらそれにちなんだフランス語を学べるのはとても楽しそうで効果的ですね。後藤さんはワインとチーズの資格も持っていますよね?

    はい、それぞれエキスパートとプロフェッショナルの資格を持っています。フランスから帰ってきた時などチーズを何種類か買ってきてそれぞれの味を楽しむ教室なども不定期で行なっていますね。「学ぶこと、作ること、楽しむこと」を通してフランスに関するファンを増やしたいという想いをもってやっています。

ベルサイユのバラがきっかけでのめり込んだフランス語

  • 本当にフランスが好きなんですね!今では自分の好きなトピックで活躍されている後藤さんですが、これまでのキャリアはどういったものだったのでしょうか?

    もともと子供のころから「ベルサイユのばら」が大好きだったんです(笑)。フランス料理の写真を見るのも好きだったので、大学では第二外国語でフランス語を勉強していたのですが、卒業してからはなぜか
    オーストラリアと縁があり、オーストラリアにあるホテルで働くまでになりました。そこではホスピタリティについて多く学びましたね。その後日本に帰り、友達に誘われてたまたまフランス旅行に行ったのですが、そこで見事に覚醒しました。特に素晴らしい風景と料理に魅せられました。その後すぐにフランス語学校で学び始めその頃から毎年必ず一回以上はフランスへ行くようになりました。ちょうどお菓子作りも勉強し始め仕事、家庭、スクールを両立させながら過ごしていました。

  • 0a7cf8961e228c57db368b9bfa9cc8f9
  • すごいスピード感と行動力ですね。さすがです。ご自身による教室もその頃から始められたのですか?

    はい、とはいっても友人だけを誘っての本当にゆるいものでした。みんなでお喋りしながらお菓子作りを楽しむという感じです。これが7年くらい続いたのですが、私がその後働き始めた外資系投資銀行の仕事が忙しくなりすぎて趣味の時間に仕事が避けなくなりこのお教室も開催できなくなってきました。なんとか合間をみてフランスには毎年行ってはいました(笑)

    チームでやりがいのある仕事だったのですが、もっと人を癒す仕事をしてみたいな、と思っていた所、父が急に病気で他界してしまいました。それを目の当たりにして「人はいつ亡くなってしまうかわからない、もっとやりたいことを全力でやるべきだ」と心の持ち方が変わったのを覚えています。

    そこですぐにプロ向けの料理学校に通いはじめ、本格的に学び始めました。ちょうどその頃仕事の環境が
    変わった時期でもあり、料理学校でシェフの先生方との出会いもあり、思い切ってやってみようという気持ちにシフトしていきました。

  • フランス料理を語る後藤さんはすごく活き活きしていますよね。でもなぜまた教室を開こうと思ったのですか?

    フランスの素晴らしさを1人でも多くの人に知ってもらいたいという想いからなのですが、一番のキッカケは夫だったかもしれません。実は昔、フランス嫌いだった夫を説き伏せてフランスに連れて
    いったことがあるんです。もちろん私はもっと気軽にフランスに行きたかったというのもあって旦那にはその旅でフランスを好きになってもらう必要がありました。そこで徹底的に美味しい地方のレストランや料理、穴場のスポットをリサーチしたんです。全て完璧にアレンジして連れて行った所、帰りの飛行機で
    今度はいつフランスに行こうか」という言葉が!結果は大成功だったんです。

  • それは素晴らしいですね。前に訪れたフランスでは不満足でしたが後藤さんがアレンジした旅行では大満足だったと。これは嬉しいですね。

    はい、やっぱり普通のツアーなどの観光でいくとどうしても通り一遍の観光客向けの場所やレストランばかりになってしまうんですね。そういった所ではなく真の魅力は地方にあるレストランや、地元の人しかしらない料理などにあるんですよね。知れば知るほど感動的な素晴らしさがフランスには秘められているんです。その魅力は私だけが知っておくのは勿体ないという理由が教室を始めた理由でもあるかもしれませんね。

  • 今すぐ後藤さんにフランスに連れて行って欲しいと思いました。自分が心から好きなトピックを仕事にできるって本当に素敵だと思います。では最後に、フランスになかなか行く機会がない僕達が美味しいフランス料理を気軽に味わえるレストランを教えて頂けませんか?

    オススメのレストランは恵比寿にある「クニオミ ル・ネオ・ビストロ」と青山にある「レストランタニ」ですね。料理はもちろん申し分ありませんし、シェフが本当に信頼できる素晴らしい方です。フランス料理の魅力をリラックスして楽しめると思います。

  • 後藤さん、今日は本当にありがとうございました。

    以上、料理家&フランス食文化研究家として活躍されている後藤さんのインタビューでした。フランス観光大使と見間違うほど情熱を持っている方で好きなことを仕事にできている方って本当に素敵だな〜と感じることができました。そんな彼女の教室も大人気で、そこではフランスから調達してきた調味料や食器などを目的に見に来られる方も多いとのことです。

    そんな後藤さんはストリートアカデミーで、食べて学ぶグルメのための易しいフレンチ「ビストロ・コース」旅するように味わう美味しいチーズなどのレッスンを開催されています。

    。家庭で作れるフランス料理を学びつつ、後藤さんからフランスへの愛とパワーを感じてみるのはいかがでしょうか?


  • 先生のプロフィール

    後藤 初美

    後藤 初美さん(Hatsumi Gotoh)

    東京杉並区でフレンチスタイルの家庭料理、お菓子、メニューを読むフランス語レッスンなどの教室を開催。
    JSA認定ワインエキスパート
    CPA協会認定チーズプロフェッショナル
    全日本薬膳食医情報協会認定薬膳インストラクター

先生の教えている講座

※2013年05月09日現在の情報です。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!