おしえる
STORY

  一生モノのメイク術を教えます

一生モノのメイク術を教えます 肌の透明感を引き出せば自然にモテる!|Kayoko Fujimoto

  • IMG_2354
  • ストアカの立ち上げ当初に講師デビューをした藤本カヨコさん。

     

    1ヵ月の間に4人の男性から告白された“モテメイク”の実績で、たちまち人気講師に。

    レッスンのコンセプトである「マイナスメイクでプラス美人!」の言葉通り、女性のキレイを引き出すメイクの秘密は、透明感のある美肌づくり。メイクはあくまで、その透明感を引き出すためにあるのだとか。

    実はメイクが苦手だったという藤本さんがメイクを一生の仕事に選ぶまでの道のり。

    メイクでどのように女性の人生が変わっていくのか。

    単に顔を変えるだけでないメイクの本当のチカラとは?

    一般的なメイクレッスンのイメージが大きく変わるエピソードをたっぷり伺いました。

美容の世界で一生モノの仕事を見つけるまで

  • まずはメイクと出会ったきっかけについて教えてください。

     

    もともとは日本で大手と言われるシンクタンク・コンサルティング会社に勤めていました。

    26歳の時に「自分には違う道があるんじゃないか」「他にできることがあるのでは?」と、先のことは考えずポンッと会社を辞めちゃったんですよ。女性の26歳頃って、ちょうど人生や仕事について考え直す時期ですよね。

  • unnamed (16)
  • 退職後はどのように過ごされていましたか?

     

    当時、ニューヨークがとても好きで、現地に友達が住んでいたので、1年半くらいの間、頻繁に遊びに行くようになりました。

    もともとエステを受けるのが好きでNYでもエステをしてもらったら、たまたまエステティシャンの方が日本人の女性でした。その方にNYに住むにはどうしたらいいかと質問攻めにしたところ、エステティシャンは国家資格だから就労ビザが取りやすいと教えてくださって。

    それを聞いた時、「これだ!! 私がやりたい仕事がやっと見つかったー!!」と泣きそうなくらい心が躍りました。

    母からも小さな頃から「手に職をつけなさい」と言われていたことも、私の中でビビッとつながりましたね。

  • その後、どうしたのですか?

     

    日本でも愛用していた化粧品のお店でエステをしてもらっていて、帰国後、将来のことについて店長さんに相談したら、「うちで働きなさいよ」と誘っていただいて。

    そこからさらに1年半もの間、悩んで、結局、その会社に転職することにしました。

メイクに興味もなく苦手だった自分が変わったきっかけとは?

  • 意外にもメイクは得意ではなかったとか

     

    眉一本も上手に描けないくらいメイクは下手でしたし、興味もありませんでした。でもその化粧品会社に再就職して、自社商品を売るためにメイク技術を習得しないといけない環境になったんです。

  • 14310679_1810006112548518_1742085355_n
  • メイクの勉強は楽しかったですか?

     

    楽しいといいうよりは、同期に負けたくなくて必死に練習しました。

    同期は20歳くらいの若い女の子で、メイクも一回教えてもらえればすぐに合格点をもらえるほど器用な上、化粧品の売り上げもトップレベル。

    一方、私は人の何倍も練習をしても、なかなか合格点をもらえなくて…。いくら練習しても結果が出なければ、社会では全く認められませんよね。

     

    同期とはいいライバル関係となり、負けず嫌いの性格も後押しして、メイクをとにかく一生懸命に練習しましたね。化粧品の販売もお互いに切磋琢磨して伸ばしていって、売り上げもトップクラスになりました。

1ヵ月の間に4人の男性から告白された“モテメイク”とは?

  • 自分のメイク品・道具を持参するレッスンを始めるきっかけは?

     

    化粧品会社に勤めていた頃から独立の意思はあったので、起業について学ぶスクールに通っていたんです。

    そこで知り合った20代半ばの女性から、「デパートの化粧品コーナーなどでメイクを教えてもらうと売りつけられるから嫌だ。友達を何人か連れて行くからグループレッスンで、普段使っているメイク道具を使ってレッスンしてほしい」と言われたんですね。

     

    それって新しい発想だなとピンときて、すぐにメイクレッスンを開きました。

  • 15253250_259196441165985_1599289084788867072_n
  • そのレッスンに、後に告白されまくる女性がいたのですね?

     

    そうなんです。その子は当時26歳くらいで、笑顔を全然見せないし、不機嫌な印象。メイクは当時、流行していたいわゆる“盛る”メイクで、つけまつげをバサバサさせて太いアイライン、暗い色のファンデーションをつけていました。

  • そこから劇的に変化を?

     

    そうそう!

    レッスンではまず洗顔から教えるのでメイクを落としてもらったんですね。するとまあ、お肌は白いし、きめ細かい美肌で。「なんてもったいないことしてるの?」と。

    これはもう絶対に変えてやろうと私にもスイッチが入って、それまでより3トーンくらい明るい色のパウダーを薄く塗って、アイラインも薄~く1本だけ。

    そして私が“モテ色”と呼んでいる、キレイなグリーンのアイシャドウを少し重ねました。

  • unnamed (14)
  • その後、1ヵ月の間に4人の男性から告白されたのですね

     

    レッスンの数ヵ月後に勤務先の化粧品店に、シフォンスカートをひらひらさせたキレイな女の子が入って来て、「私のこと覚えてますか?」と。

    最初、全然気づかなかったんですけど、メイクで劇的に変わったあの女性だったんです!

    その方が「あの後、大変で1ヵ月で4人から告白されたんですよ!!」と嬉しい報告をしてくれました。

    あの日、あんなに不機嫌な顔で帰られたのに、実はレッスン後に似たような色味の化粧品を買って、薄いナチュラルメイクを実践してくれていたと知り感激しました。結局、その子は告白された4人以外の男性と結婚しました。すごいですよね。

マイナスメイクでプラス美人に

  • ストアカでもやはり“モテメイク”を求めて来る生徒さんが多いそうですね

     

    ストアカさんとは2012年夏の立ち上げ当初からお付き合いさせていただいています。

    レッスンでもお伝えしていますし、皆さまにぜひ知っていただきたいのは、「お肌をキレイにしていれば、あとはナチュラルメイクでOK」ということ。

    私が教えるのは、「お肌をキレイに見せるためのメイク術」です。

    レッスンではまず大きな洗面器を二つ置いて、普段の洗顔方法からチェックさせていただきます。

    それから、透明感のある肌をつくるスキンケアをじっくりお伝えします。

  • edit-4
  • メイクは単に塗り重ねることではないと?

     

    そのイメージをガラっと変えたいです。

    技術を駆使し塗り重ねることで別人になるからモテるのではなく、お肌の透明感を上手に見せるとその人が本来もっている魅力が強調されるんですよ。

    メイク品の色も、お肌の透明感を引き出すにはどの色がいいかな?という視点で選んでいきます。

  • それは目からウロコですね

     

    女性にとって肌は命とも言えるのに、肌づくりをきちんと学ぶ場がないんですよね。メイク品についても、実はよくご存知ない方が多いですし。

    それを私のレッスンでお伝えしたいという思いが強いです。

    シワは美容整形が必要かもしれませんが、お肌は自分でつくることができるんですよ。一生モノのお肌づくりですね。

     

    誰でも歳は取ります。年齢を重ねた時に、それまでのお手入れや生活が出てしまいますから、若い時から気をつけることが大事なんです。

外側だけを変えるのがメイクの力ではない

  • 美肌づくりが重要なのですね

     

    自分で言うのも恥ずかしいですが、お肌はいくらでもキレイにして差し上げる自信があります。正しいスキンケアの方法を身に付ければ、誰でも透明感のある美肌になります。

    実際、生徒さんの中で、73歳の女性が一番お肌が美しいんですよ。

     

    女性はいくつになっても「お肌がキレイですね」というのが最高の褒め言葉。50代以降の生徒さんからも、よくお肌を褒められると嬉しいお声をいただいています。

  • 13248802_920147524751095_601277730_n
  • ナチュラルメイクでモテるようになるとは女性にとって嬉しいですね

     

    誰からも好かれる、好感をもたれるメイクというのは、例えば芸能界では、綾瀬はるかさんや松たか子さんのような方。お二人とも決して濃いメイクではないし、何よりお肌が美しいですよね。

    お肌を美しく保つことができれば、薄いパウダーメイクで充分なんですよ。

  • キレイになると表情も明るくなりますよね

     

    本当にその通りです。

    頬や口角が自然に上がり、笑顔も輝きます。そして、外見が美しくなると自信がつき、内側にも変化が表れて、周りの人を惹きつけていくのではないでしょうか。

    実際、メイクが変わったことで、単に外見だけでなく内面から明るく魅力的に変化していく方をたくさん見てきましたから。

    それがメイクの一番のチカラかも知れませんね。

メイクで人生は変えられる!

  • 藤本さんにとって教えることの魅力とは?

     

    「結婚が決まりました!」「素晴らしいパートナーに出会いました」など、メイクを通して劇的な変化を遂げた女性が多くいらっしゃいます。

    人生を変えることもあるメイクの仕事は、とても大きなやりがいがあります。どんな仕事も同じだと思いますが、誰かに喜んでいただける、誰かの役に立つと満ち足りた気持ちになります。

  • メイクの仕事は天職なのですね

     

    レッスンでキレイになるお手伝いができ、喜んでいただいて、一生お付き合いできそうな方との出会いもあるなんで、最高の仕事です。

    私は本当に幸せ者だなと感じています。少なくとも85歳までは現役で頑張るぞ!と決意しています。

  • 最後に、今後の展望や目標についてお話ください

     

    メイクの仕事に関わるようになって感じるのは、生徒さんお一人お一人とのコミュニケーションを大切にしながら、きちんと向き合っていくことが何よりも重要だということ。皆さんとの出会いが私にとっての財産です。

    これからもベースとなる肌づくりを一番大切にしながら、生徒さんとしっかり向き合っていきたいですね。

    そして私と同じようなメイクの仕事をする人を育てていきたいという夢もあります。

  • unnamed (17)

  • 先生のプロフィール

    藤本カヨコ(fujimoto kayoko)

    藤本カヨコ(fujimoto kayoko)さん(Kayoko Fujimoto)

    フェイスデザイナー、メイク講師、日本エステティック協会.認定エステティシャン、ビジネスマナーメイクセミナー講師。メイクアドバイスをした女の子が1ヵ月の間に4人の男性から告白され、めでたく交際がスタートするというハッピーな事件を起こしてから、「モテメイクアドバイザー」としても活動中。丁寧なスキンケアの指導と、肌の透明感を引き出す色を使ったメイクが人気。

先生の教えている講座

※2017年04月21日現在の情報です。

まなぶーんにいいねして最新情報をGET!!